Web担当者が、日々の業務の中で役立ったことをメモしています。


ワーカーへ外注する際の源泉徴収の概念(法人)

投稿:U3  
ピックアップ:
通報 更新通知 0 52 0

クライドワークスより抜粋

源泉徴収とは、給与・報酬の支払者(クライアント)が、それらを支払う際に所得税等の税金を差し引き、それを国等に納付する制度です。

原則として、日本国内の法人(クライアント)が日本国内の個人(ワーカー)に対象業務を依頼する場合に、源泉徴収の義務が発生します。

対象となる業務は、国税庁サイトで定義をご確認ください。
または、最寄りの税務署にご相談ください。

源泉徴収が必要な場合、以下のサポート機能を必要に応じてご利用ください。
・サービス上で源泉徴収を差し引いた上で支払う場合、契約金額の条件提示画面で「源泉徴収税を差し引いて支払いする」にチェックを入れてください。
【よくある質問】源泉徴収について

・支払い調書の発行が必要な場合、帳票メニューから発行可能です。
【よくある質問】支払調書の発行について

コメント

    まだありません。

    ログインしてコメントを書く

    関連する投稿