Web担当者が、日々の業務の中で役立ったことをメモしています。


BCP(事業継続計画)とは:災害・疫病などの時でも業務を続けられる仕組み

投稿:U3  
ピックアップ:
通報 更新通知 0 19 0

BCPとは、Business Continuity Planの略です。


災害や新型コロナウィルスなどの疫病、サイバー攻撃、そして戦災など、さまざまな理由で企業の業務が止まってしまう可能性があります。


危機が起こった時のことを想定し、その場合でも最低限の事業継続が可能な仕組みを、平時から準備しておくことがBCPです。


企業の業態などによりその内容は異なりますが、業界が違っても共通する部分もあります。


想定外のことが起こるからこそ「危機」と呼ばれるわけで、完璧なBCPを策定することは不可能ではあります。


しかし、これだけ天災が続き、疫病が流行し、政情も不安定になっている中、何の準備もしていないとなると、サービス提供者としては無責任と言わざるを得ません。


また、自社はもちろんのこと、取引先がBCPをきちんと策定しているかを確認することも、重要になっています。


コメント

    まだありません。

    ログインしてコメントを書く

    関連する投稿