Web担当者が、日々の業務の中で役立ったことをメモしています。


Apple Distribution証明書の発行上限数は3つ

投稿:U3  
ピックアップ:
通報 更新通知 0 81 0
Apple Distribution証明書は、合計で3つ作成できます。
Apple Distribution証明書は、基本的にアプリごとに作成するのではなく、発行者ごと、つまり、Apple Developer Programのメンバーシップごとに1つ作るような運用イメージになります。

コメント

    まだありません。

    ログインしてコメントを書く

    関連する投稿