Web担当者が、日々の業務の中で役立ったことをメモしています。


拡張子が.dat のファイルがメールに添付されて送られてきた場合の原因と対処法

投稿:U3  
ピックアップ:
通報 更新通知 0 19 0

送られてきたメールに

  • winmail.dat
  • ATT0001.dat

のように、拡張子が .dat となっているファイルが添付されてくることがあります。


これは、送信者が、MicrosoftのOutlookでリッチテキスト形式で作成したメールに、ファイルを添付した場合に変換されるものだそうです。


受信者もWindowsのOutlookを使っていれば、添付ファイルは .dat 形式に変換されることなく、問題なく表示できます。


ところが、それ以外の場合は .dat 形式に変換されてしまい、開くことができません。


.dat ファイルを開く方法

拡張子を書き換える

添付ファイルのファイル形式がわかる場合は、拡張子を書き換えることで開くことがあります。


変換してくれるサイトを使う

ブラウザに.datファイルをアップロードするだけで、すぐに元のファイル形式に変換してくれるサイトもあるようです。

http://winmaildat.net


ただ、個人情報など、添付されてきたファイルの中には外部に出したくない内容が書かれている可能性もあるわけです。むやみにWeb上のサービスへファイルをアップロードするのは避けましょう。


変換ソフトをインストール

めんどうです。


送信元に再送信してもらうように頼む

ただし、送信方法が同じであれば、再送信された添付ファイルも.dat になっている可能性大です。送信してもらうときは本文をプレーンテキスト形式にしてください、とお願いしましょう。


そもそも、メールにファイルを添付して送るということ自体、廃れつつある文化かもしれません。


メールを送信するときは注意

他にも、変換ソフトをインストールするなど、ファイルを開く方法はありますが、受信者に不要な手間がかかります。


Outlookから添付ファイルをつけてメールを送信するときは、本文はプレーンテキスト形式で送るのが良いでしょう。


どうしてもHTML形式やリッチテキスト形式で送りたい場合は、添付ファイルにせず、ファイルを転送サービスなどにアプロードしてダウンロードリンクを記載する、といった方法を取るとよいでしょう。

コメント

    まだありません。

    ログインしてコメントを書く

    関連する投稿