Web担当者が、日々の業務の中で役立ったことをメモしています。


Google広告のAI機能で自動ターゲット設定:スマートディスプレイキャンペーン

投稿:U3  
ピックアップ:
通報 更新通知 0 82 0

ある程度長く(数か月~1年?)広告を運用し、コンバージョンも上がっている広告アカウントの場合は、ターゲットをGoogleのAIが自動で設定してくれる「スマートディスプレイキャンペーン」を使うのもよいだろう。


既存のカスタムインテントやリマーケティングのキャンペーンとしばらく併用し、スマートディスプレイキャンペーンのほうが効果が上がっている場合には、既存のキャンペーンは閉じてしまってよい。


コンバージョンのあったユーザーと似た人を探せる

類似するお客さまをGoogleが自動的に判断して表示してくれる。

類似顧客用に新規キャンペーンを作成して運用しよう。

スマートディスプレイキャンペーンの作り方

①キャンペーンの作成

  1. 新しいキャンペーンを作成
  2. 目標選択:見込み顧客の獲得
  3. キャンペーンタイプ:ディスプレイ
  4. キャンペーンのサブタイプ※後から変更不可:「スマート ディスプレイ キャンペーン」を選択(通常は、ここで「標準のディスプレイキャンペーン」を選んでいる)
  5. 続行


②確認画面に切り替わる

キャンペーン名や地域、言語、単価などの設定を行う

単価設定は、Googleの推奨値なども表示されるので、良く判らない場合はそれを参考に設定してもよい。


広告は後から作ってもよいので、キャンペーンの箱だけ作ってしまい、後で別のディスプレイキャンペーンの広告をコピー+貼付けしてもよい。


学習期間は?

必要な学習期間が終わり、2 週間が経過するか、またはコンバージョンが 50 件に達した時点で、キャンペーンの最適化が開始されます。


スマートディスプレイキャンペーンがほとんど表示されない場合 | Web担メモ https://cl.coolware.jp/5oju

コメント

    まだありません。

    ログインしてコメントを書く

    関連する投稿