Web担当者が、日々の業務の中で役立ったことをメモしています。


予約カレンダーシステムを作るには、WordPressプラグインとクラウドのツール、どちらがいい?

投稿:U3  
ピックアップ:
通報 更新通知 1 112 0

プラグインとツール、どちらがいい?

  • 細かいカスタマイズが必要で、月額支払いが無理とか、ぜったい無料で作りたいならプラグイン
  • シンプルなやつを手早く作りたい、クレジットが表示されてもOKならツールの無料版
  • カスタマイズも必要で、多少の費用がかかっても良いならツールの有料版(月額数千円)を利用する

がおすすめです。課金などをつけるなら、ツールの有料板が良いと思います。


プラグイン

Booking Package

日本語対応。

有料版なら決済機能もつけられる。

https://maven-gathering.com/wp/morph/wordpress/booking-package/


Amelia – Events & Appointments Booking Calendar

宿泊など、日を跨ぐ予約は不可。日本語対応

詳しい使い方

https://hanami-web.tokyo.jp/blog/reservation-plugin/free-amelia/


Appointment Hour Booking

Webサイトに予約カレンダーを埋めこむことができる。

英語のみ


MTS Simple Booking

ワードプレスにショートコードを埋め込んで、ページ上にカレンダー表示できる

日本語対応

https://tomato-code.com/2795/


ツール

formrun(フォームラン)

一個なら無料で作成できる。ワードプレスへの埋め込みも可能。


プラン・価格

https://form.run/home/pricing

五個まで 月額5980円


Airリザーブ(エアリザーブ)

リクルート。ワードプレス対応。

https://airregi.jp/reserve/

無料プランでも、カレンダーは一つだが、複数の受付を設定できる。

予約時の入力項目のカスタマイズは有料プランのみ。

ベーシック:月額5500円


SELECTTYPE(セレクトタイプ)

https://select-type.com/price.php

https://select-type.com/lp/counselingReserveSystem/

無料プランの場合

無料プランで決済機能を使える。予約カレンダー10個まで作れる。

ただし予約受付期間が7日後まで・・・✖️

ISMS取得

Webサイトとして公開できる

プロフェッショナルプラン3000円/月 (予約受付期間90日後まで)


ペライチ

https://peraichi.com/univ/20210622?mail=0719

https://peraichi.com/univ/新しくなった予約機能のおすすめ用途・使い方を


ビジネスプラン(2,459円(税込)~/月)への加入、ビジネスプラン以外の場合は追加料金(1,100円(税込)/月)でご利用いただけます。

Googleカレンダーとの連携ができる予約ツール

講師など、社内のスケジュール管理をGoogleカレンダーでやっているなら、連携機能のあるものが便利。

  1. 調整さんカレンダー
  2. SELECTTYPE(セレクトタイプ)
  3. RESERVA(レゼルバ)
  4. eReserve(イーリザーブ)


Zoomとの連携

オンライン講座の場合などはズームとの連携がほしい。

コメント

    こちらも参考になります U3さん: 2021-07-15 14:50:33

    https://tol-app.jp/columns/1614

    通報 返信

    ログインしてコメントを書く

    関連する投稿