クラシファイドサイト(投稿型情報サイト)とは多くの情報が多数の閲覧者によって掲載され、さらにそれらの情報が、項目別に分類(classified)されて、探しやすくなっているWebサイトのことです。

いわゆるホームページとの違いは、「情報を発信するのが誰か」ということです。

2つの大きな特長

  1. 情報発信者:サイトの閲覧者が情報を投稿できる。
  2. 情報の整理:掲載された情報は、カテゴリーや項目に分かれている。

クラシファイドサイトの例

掲示板サイトとクラシファイドサイト

似ています。何が違うかというと、上記の特長のうち2、の部分かもしれません。
あるテーマに沿って投稿された記事が、きれいにカテゴライズされて見やすくなっています。

フリマアプリとクラシファイドサイト

「メルカリ」などのフリマアプリとクラシファイドサイトとの違いは、やりとりの間に運営者が介在するかどうかではないでしょうか。
クラシファイドサイトは、情報を載せたらあとはある程度自己責任でもってやりとりをします。