クラシファイドサイトとは

求人、不動産の売買、その他案内などを三行程度の簡素な形で掲載する広告のことをクラシファイド広告と呼ばれています。

こういった広告の掲載先は、インターネットが普及する前は、新聞などの紙媒体がメインでした。しかし 現在は、Webサイトも多く利用されています。こうした、クラシファイド広告が掲載されるサイトのことを、「クラシファイドサイト」とか「クラシファイド広告サイト」と呼びます。

クラシファイドとは「分類」といった意味で 地域や目的に広告を分類して掲載します。

元々が個人でも比較的手軽に広告が出せる事を特徴とした広告になっているので、 クラシファイドサイトへの広告出稿も他の広告に比べて簡単になっています。

世界的には、Craigslist(クレイグズリスト)が有名で、 50ヵ国以上に展開してるメジャーなWebサービスです。

国内ではジモティーが有名で、テレビでもCMが流されています。
売ります・あげます、譲って・たすけて、中古車、不動産、求人など 数多くのカテゴリーに多数の広告が掲載されています。

日本国内では、クラシファイドサイトといった言葉はあまり普及していませんが、 シェアリングエコノミーの認知拡大などに伴い、クラシファイドサイトの利活用が進む事が予想されます。