掲示板サイトの作り方

掲示板サイトとは、電子掲示板やBBS(Bulletin Board System)とも呼ばれる、ユーザ同士が情報の交換、発信、収集などのために使うウェブサイトを指します。
日本では5ちゃんねるやmixiなどが大規模な掲示板サイトとして有名です。

掲示板サイトには誰でも自由に投稿することができるタイプや、ユーザ登録を行い、ログインをした状態でのみ投稿できるタイプ、決められたメンバーのみが利用できるタイプなど様々な種類があります。

インターネット社会となった現在、インターネットを介して様々な人と情報交換をできるプラットフォームが増えました。
自分と趣味が合う相手と交流したり、特定のテーマについて話し合う場として利用したりする時に、いわゆる「掲示板」サイトは大変便利です。

【掲示板サイトの機能】
掲示板を作成するために最低限必要となってくるものは

  • 入力欄
  • 表示欄
  • 書き込まれた内容を保存するための仕組み

などがあります。ほかにも掲示板を便利にしようと考えると様々な機能がつけられます。

  • コメント欄
  • 写真などのデータアップロード機能

などです。しかし、掲示板サイトを自分で一から作ろうと思っても、プログラミングの知識が必要なので簡単に手を出しにくいのではないでしょうか。そこで、既存のソフトやサービスなどを利用した作り方を3つご紹介します。

1.ワードプレスを利用

ワードプレスにはさまざまなプラグインがあり、そのプラグインを利用することで掲示板サイトを作成することができます。
ここでは掲示板サイトを作成するための一部のプラグインを紹介します。

bbpress

5ちゃんねるのような掲示板を作成できます。日本語化されているプラグインのため扱いやすくなっています。プラグインをインストールするとワードプレスの管理画面のサイドバーに「フォーラム」「トピック」「返信」が表示されます。

サイドバーの「フォーラム」から掲示板を作成できます。
複数の掲示板を作成できるので、用途にあわせて掲示板を増やせます。

また、フォーラムごとに

  • ユーザーが自由にトピックを作成できるかどうか
  • 誰でも見れるか、登録したユーザーしか見れないようにするかどうか

といった設定を個別に行うことができます。

作成されたフォーラムにトピックを追加する方法ですが、管理画面のサイドバーからも追加できますが、ユーザーが自由にトピックを作成できるようにしている場合には、実際のフォーラムのページから追加することもできます。

そのままでは画像を投稿することができません(追加のプラグインをインストールすることで可能)が、簡易な掲示板を作成する目的であれば充分ではないでしょうか。

WPAdverts Classifieds Plugin

このプラグインを入れると、ジモティのような掲示板を作成することができます。こちらはおそらく日本語化が行われていません。プラグインをインストールするとワードプレスの管理画面のサイドバーに「Classifieds」が表示されます。

サイドバーの「Classifieds」から投稿ができるのですが、こちらの場合は投稿画面にある「Additional Information」の部分に値段や場所、連絡先の名前やメールアドレス、電話番号を入力することができます。物品のやり取りや求人などを行う掲示板を作成したい場合はこちらのほうが良いかもしれません。

2.掲示板サービスの利用

掲示板サイトの作り方とは違いますが、すでにある掲示板サービスを利用するという方法もあります。GMOの「teacup」や、Yahoo!の「textream(テキストリーム)」などが挙げられます(※textreamは一部カテゴリーを残してサービス終了しました)。
これは、掲示板サイトを作るというよりは、スレッド(話題)を自分で立てられるというものなので、 厳密には「掲示板サイトを作った」ということにはなりません。 自分が好きなようにカスタマイズできない部分などがあったりします。

3.クラウドサービスの利用

掲示板サイトが簡単に作成できる「SHARE info」を使う方法です。このサービスを使えば、HTMLやプログラミングの知識がなくとも簡単にユーザー投稿型のサイトを作成できます。一番手軽な方法です。

パッケージソフトを導入したり、ASPサービスを使う方法もありますが、どちらもエンジニアの作業が必要です。