イラスト投稿(共有)サイトとは

私は絵心は無いのでイラストは書かない。というか書けない。絵心が無い人向けの絵の投稿サイト「下手画伯品評会 」には投稿した事がある。 下手画伯サイトは後ほど紹介しますが特殊なサイトなのでさておき、一般的に言われているイラスト投稿(共有)サイトについて考えてみたいと思います。

[大きく分けて二種類あるかも]

どのようなサイトがあるのか調査する前に、個人的な感覚でイラスト投稿といっても二種類に分けられるのではないかと思います。

一つは、フリーや商品としてイラストを掲載して素材として利用してもらうためサイト。フリー写真素材のサイトのような感じです。

もう一つは、イラストレーターが作品を掲載してアピールする場。アピールして仕事をゲットしたり、同業者や同じ趣味を持つ人たちが交流するといった感じ。

私の予想通りに大きく2種類に分かれているのか、それとも、予想と異なった世界が展開されているのでしょうか。

[イラスト投稿サイト1 – イラストAC – https://www.ac-illust.com/]

約20万点素材が掲載されているようです。
プレミアムサービス(有料サービス)に加入すると手早くダウンロードできたり、他にも色々な特典が得られるみたいです。

イラストACは、ご利用無料のイラストダウンロード&アップロードサイトです

営利目的で作成される商業印刷物やホームページにも、無料のまま自由にご利用いただけます。 加工(切り抜きや色変更)も自由に行って頂けます。

イラストAC

なるほど、まさにイラスト投稿サイトかつ、素材ダウンロードサイトです。
素材を投稿(アップロード)する側の人のメリットとしては、

たくさんの人に自分のイラストを知ってもらうチャンス!
また、イラスト投稿者には、マイページが準備されておりますので、自分だけのポートフォリオとしても楽しんでいただけます。
さらにメッセージ機能も備わっておりますので、プロのイラストレーターの方には、仕事の受注につながることも十分に考えられます。実際に月間たくさんのお仕事依頼メールが送信されています。
お仕事依頼によってご登録イラストレーターさんが受注されたお仕事は、公共機関や大手企業などがあります。

イラストAC

見て知ってもらう、楽しむ、仕事をゲットする。といったメリットですね。わかりやすい。
お仕事の依頼もサイト経由でお知らせしてもらえるようで、毎日のように依頼が発生しているようですよ!

逆に言えば、イラストACで気に入ったイラストレーターを見つけて、オリジナルのイラストを発注できるという事ですね。
ホームページなどに使う丁度良い素材が見つからない時は、よさそうです。

なお、イラストACは取引に関しては発注者と受注者で直接行うようにとのことなの、サイトを見るかぎりイラストを発注した時の費用はわかりませんでした。
いくらくらいなんでしょうかね。私たちはWebサービスを運営しているので、ちょっと気になるところです。

さらに、アップロードしたイラストが誰かにダウンロードしてもらえると、一回につき3.56円(2019年1月現在)づつお金がもらえるようで、人気が出たら月10万円以上になる事もあるようです。
ほかにも、ダウンロードされるたびに日本赤十字社への寄付もおこなっているそうです。

[イラスト投稿サイト2 – PIXTA – https://pixta.jp/illustration]

こちらのサイトもクリエーター登録を行うと、イラストを投稿(アップロード)できます。

イラストを素材として利用したい人は1点ごとに購入する事ができ、定額プランなどに加入するとよりお得に素材を入手できるようです。
基本的には素材を販売しているサイトという事で間違いないと思いますが、購入会員登録をすれば無料素材がダウンロードできるようです。

イラストを販売(投稿)したい人は、ユーザー登録後、作品を審査してもらう必要があるそうです。
審査に通過すると、はれて作品を PIXTA で販売できます。
作品が売れると、サイト内で「獲得クレジット」がたまり、それを現金に交換できるというシステムのようです。
また、「獲得クレジット」は「コミッション率」に従ってもらえるようです。

印象としては、かなりカッチリとしたシステムになっていて、「気軽に素材を販売!」という雰囲気ではなさそうに思いますが、
逆に考えれば、しっかり売ってくれるという事かもしれません。

ちなみに、PIXTA は写真、動画、音楽でもイラストと同様のサイトがあります。

[イラストAC と PIXTA の比較]

両方のサイトで「バイク」と検索してみたところ、両サイトとも大量にイラストがヒットしました。
個人的な印象では、PIXTAの方が値段が高い分手間のかかっていそうなイラストが多い印象です。
一方、イラストACは無料でダウンロードできるのに品質や数が相当にすごいと思います。

素材を探している場合は、両方のサイトで探して良い物を入手すれば良いと思いますが、
「無料で」となるとイラストACの方が使い勝手が良いかもしれません。
また、イラストACは作品の販売とクリエーターのアピールの場の両方をミックスしたような仕組みでした。

ご興味のある方は、(私の個人的な意見は無視して)両サイトを比較してみると面白いと思います。

[イラスト投稿サイト3 – PIXIV – https://www.pixiv.net/]

マンガやアニメ的キャラのようなイラストが投稿されているサイトです。
とりあえず、ユーザー登録をしてログインしてみました。

ユーザーが投稿した作品の閲覧、検索ができます。お気に入りのイラストレーターをフォローしたり、「いいね!」などができるようです。そして、自分の作品を投稿できます。
あと、グッズの販売や購入ができそうな雰囲気ですね。

最初はいったいどう使うサイトかわかりにくかったのですが、基本的にはイラストや漫画を描くのが好きな人がお互いに作品をアップして楽しむサイトという事と思います。
全体的にレベルが高く、その筋の方には楽しめるサイトになっていると思います。
ただ、絵が下手な人(私)はこのハイレベルな環境に投稿する勇気が出そうにはありません。

[イラスト投稿サイト4 – TINAMI – http://www.tinami.com/]

引用「TINAMIは、イラスト・マンガ・小説・モデル・コスプレの作品を通してユーザーが自由に創作・投稿・交流を楽しめるサイトです。」
とトップページの先頭に書かれています。うーーーん!これはわかりやすいぞ。

イラスト以外にも、マンガ、モデル、小説、コスプレといったカテゴリーが用意されています。

さらにクリエイター「作家」の方と「編集者」の方とのコミュニケーションの場として「TIMANIプロダクション」というグループウェアも含まれているようで、仕事として取り組みたい方にも利用価値があるのではないでしょうか。

こちらのサイトも全体的にハイクオリティーというか、当たり前かもしれませんが、絵が上手です。
アニメチックというかマンガチックな作品が多いようですが、写真模写の練習、家紋などの作品も見受けられました。

[イラスト投稿サイト(おまけ) – 下手画伯 – https://theshare.info/hetaga/]

ここまでに紹介した4サイトは本気(ガチ)のサイトなので気楽に楽しむという雰囲気とは少し違うのですが、最後にもう一つおまけとして普段絵を描かない人が気楽に楽しめるサイトを紹介します。

このサイトは・・個人的には超面白い。
とにかく、見て投稿して楽しんでください!

[まとめ]

最初に予想したように、素材販売を主な目的としているサイトとイラストレーターの交流を主な目的にしているサイトがありました。でも、完全に分かれているわけではなさそうで、色々な機能が入っているといった感じです。

絵に自信のある方にとっては、仕事になったり楽しめたりできっとハマる事でしょう。

絵が下手なひと向けのサイトもありますから、ちょっとした息抜きに利用すると、きっと笑顔になれると思います。