textream(テキストリーム)が終了

Yahoo!掲示板として、1998年7月にサービス開始した無料の掲示板サービス「textream(テキストリーム)」が閉鎖されます。
気軽に匿名で書き込める掲示板として使われてきたテキストリーム、特に株に関するスレッドが活発ですが、荒れているスレッドも散見されました。

終了時期

2019年1月28日(時間未定)には投稿・閲覧ができなくなります。
「株式」「FX、為替」カテゴリは、2019年1月以降も、Yahoo!ファイナンスの機能として継続されるようですが、それ以外のカテゴリは全て閉じるそうです。。

テキストリームとは

予め、YahooIDを登録して利用する、匿名の掲示板です。
1998年にYahoo!掲示板が始まり、2012年12月21日(金)に 『 textream (テキストリーム) 』 として再スタートしました。このときYahoo!掲示板で約1800あったカテゴリは、400まで整理統合されました。

オフィシャルブログには、「Yahoo!掲示板の魅力を引き継ぎながら、現在の技術で生まれ変わらせた、新しいコミュニケーションサービスです。」とあります。

多機能掲示板サイトを簡単作成「SHARE info」

主な機能

  • 掲示板への投稿をメールで知る事ができる
  • 投稿を間引いてまとめよみできる
  • 違反報告ができる
  • 特定ユーザーを無視できる
  • 特定ワードが含む投稿を無視できる
  • スレッドへの返信に画像が挿入できる

主な特徴

  • 主に文字のみでのコミュニケーションとなる
  • 匿名で不特定多数に対してオープンなコミュニケーションができる
  • スレッド内の発言数に上限はない
  • 専用アプリも存在 (ガラケーは非対応)
  • 2ch と比較して Yahoo IDの登録が必要な分、匿名性を下げている

カテゴリー

トップカテゴリーとして下記の31カテゴリーが設定されていました。
それぞれのトップカテゴリー内にサブカテゴリーが数個から10個前後あり、サブカテゴリー内にスレッド(掲示板本体)が入っています。

  •  ニュース速報
  •  野球実況
  •  サッカー実況
  •  雑談、ひまつぶし
  •  恋愛、結婚と人間関係
  •  出会い
  •  テレビ、映画と芸能
  •  マンガ、アニメと小説
  •  音楽
  •  ゲーム
  •  家電、コンピューター
  •  野球
  •  サッカー
  •  スポーツ
  •  趣味
  •  生活、住まい
  •  グルメ、レシピ
  •  旅行、外出
  •  健康、メンタル
  •  職業
  •  株式
  •  FX、為替
  •  政治、経済、金融
  •  学校、教育
  •  学問(文系)
  •  学問(理系)
  •  まち情報
  •  世界各国
  •  ギャンブル
  •  ニュース、時事問題
  •  ヤフーのサービス

全スレッド数は莫大な数になっています。

多機能掲示板サイトを簡単作成「SHARE info」

新しいスレッドを作成する時の設定項目(6項目)

  • カテゴリー
  • タイトル(80文字まで)
  • 本文(2000文字まで)
  • 画像
  • 感情の設定:設定しない、強くそう思う~思わない、賛成~反対の3つから選択
  • コメント評価:そう思う/そう思わない、そう思うのみ、そう思わないのみ

廃止の背景

サービス終了の理由について、公式のアナウンスはありません。なので実際のところははわかりませんが、荒らしの横行や管理コストの増大、時代にそぐわなくなった、Yahoo!の利益になりにくい…などの理由ではないでしょうか。

荒らし行為等に対応する必要があり、管理にコストがかかるのに比して、それに見合うメリットが得られなかったことが理由ではないかと思われます。

また、匿名でのやりとりは犯罪の温床になることもあり、このようなサービスを提供すること自体が企業イメージを損なう可能性もあります。それに、巨大な掲示板の維持にはシステムメンテナンスやハード面でも大きなコストが発生します。

一民間企業の提供するサービスですから、デメリットがメリットを超えた場合に終了を判断するのは、仕方のないことです。

多機能掲示板サイトを簡単作成「SHARE info」

掲示板サービスのこれから

発言内容の質を維持するためには管理コストがかかります。無料で掲示板サービスを提供する場合には、管理コストを補えるほどの広告収入やメリットが得られるかが、サービス存続の鍵となります。

ただ、匿名・無料で利用可能にすると、どうしてもルールを無視した利用が横行してしまうため、管理者は掲示板を閉鎖せざるを得なくなるか、匿名・無料のどちらかをやめるか、といった選択になってしまいます。

また、最近の10代・20代は、見た目にも美しく、操作方法も洗練されたアプリを使ったコミュニケーションに慣れているので、2ちゃんねる・5ちゃんねるやテキストリームのような、旧来からの「掲示板」はあまり利用しないと思われます。

今後ユーザーが増えていく状況にはなさそうですが、匿名かつ不特定多数で情報交換ができる仕組み自体の需要は続くでしょう。

アプリ化やUIなどの改善で、若い層も利用するサービスとして、再度注目される可能性もあります。

多機能掲示板サイトを簡単作成「SHARE info」