本サイトは、SHARE info(シェアインフォ)で作成された投稿型サイトです。
今すぐ、無料で、簡単に「投稿型サイト」が作成できます。

アリステラ

投稿:時価1ルピ  
通報 ウォッチ 0

アリステラのイベセリフ


コメント

    ハロウィン 時価1ルピ さん: 2020-10-31 11:54:15

    1年目
    ハッピーハロウィーン!
    あ、ハロウィンと言えばね、昔からずっと解けない謎があってさ……
    うーん……なんて言うか。
    僕のような天才でも全然わからない謎なんだ。
    ほらほら、僕ってさ、ずっと昔から何故か男の子なんだよね。
    悪戯しに来るのも、お菓子くれるのもさ。みんな、男の子。
    …………
    みんな、馬鹿だよね。
    きっと僕のこと、女の子だと勘違いしたんだよね?
    うん、そうだよ。
    多分……いや、きっと……絶対そうに決まってる!

    2年目
    ふふ~ん♪ なーにがトリック・オア・トリートだか。
    大体ね、僕はお菓子なんかで喜ぶ子供じゃないの、わかる?
    それに、お化けなんて非科学的なものそもそも存在するわけ――
    ふぎゃああああああああ――!?
    って、なななななにすんのさ!
    いきなりびっくりするじゃないか!
    は、はあ? ち、違うってば!
    お化けに驚いたんじゃないよ!
    普通に話してていきなりそんなことされたら、誰だって驚くに決まって――
    ふぎゃああああああああ――!?
    わ、わかったから!
    認める、認めればいいんでしょ!
    怖いよ、おばけ怖いからやめて!
    うううぅ、何だよもー……
    ひどいよ、グラン(団長)、こんなので無理やり認めさせるなんて……
    ふ、ふんだ!
    いまさらキャンディくれたって許してあげないからね!
    もご、もごもご……
    えへへ、まったく、甘いなぁもう。

    3年目
    ねぇ、もういい加減にしないか?
    何がって……ハロウィンのことだよ。
    まったく、この時期になるとどこでもトリック・オア・トリートの呪文を耳にするよね。
    お菓子をくれないと悪戯するなんて、本当に悪質な脅しだよ。
    そう思わないかい?
    それなら君に試してもいいんだね?
    トリック・オア・トリート!
    さあ、悪戯されたくなければ、お菓子を寄こすんだ!
    いっひひひひひ……
    やっぱりお菓子を差し出したね。
    グラン(団長)がお菓子を持っているのは、去年、検証済みなんだ。

    4年目
    トリック・オア・トリート!
    どうしたんだい?
    そんなに驚いた顔をして。
    僕がハロウィンの呪文を唱えることがそんなに不思議かい?
    確かに今までの僕は、ハロウィンに良い印象を持っていなかったよ。
    だって、お化けで人を脅かしたり、お菓子か悪戯か選ばせたり、いかにも子供騙しじゃないか。
    だけど僕は気づいたんだ。
    この程度の事を気にする方がよっぽど子供っぽいってね。
    ふふ~ん♪
    そういうわけで今年もお菓子を貰っていくからね。

    5年目
    ハロウィンだからと言って、お菓子を貰うばかりでも芸がないだろ?
    だから今年は僕の叡智を結集させたとっておきの悪戯を用意してきた!
    いっひひひひ……今から君の驚愕の表情を見るのが楽しみだなぁ~!
    って、ちょっと!
    どこに行くんだよ!?
    僕の悪戯が見たくないのか!?
    待てってば!

    通報 0

    クリスマス 時価1ルピ さん: 2020-12-16 16:33:15

    1年目
    メリークリスマス……
    別に、何も期待してないから。
    我がアレテイ家では、聖誕祭に分厚い本を贈るのが習わしだったんだ……
    だから、僕は……本以外のプレゼントを知らない。
    ………………
    ねえ、馬鹿なの? わかんないの?
    はぁ……別に、何も期待してないから。

    2年目
    えー、グラン(団長)、正気なの?
    やだなぁ、そんな歳になって。
    まだ赤い老聖人伝説を信じてるなんて、いっひひ。
    赤い老聖人を信じていいのは小等部までだよね~?
    いっひひひひひ……
    って、ちょっと待って!
    何で? 何でプレゼント持ってんの?
    え、老聖人からもらった? 嘘だ!!
    そんなの絶対にあり得ない!
    いや、待てよ……事実として君はプレゼントを確保している?
    これは確かめる必要がありそうだね。
    よし、君、僕に今すぐどこでどうやってもらったか教えたまえ。
    もっとくわしくだよ!
    できるだけ、く・わ・し・く!

    3年目
    グラン(団長)、真実を突きとめたよ!
    何がって……赤い老聖人のことに決まってるだろ!
    色々な本を読んで僕は確信したんだ。
    彼からプレゼントをもらうなんて、やっぱりあり得ない!
    反証はあるかい?
    君がもらったプレゼントを出しても、今年はもう騙されないからね。
    え、僕へのプレゼントを預かってきた?
    赤い老聖人からだって!?
    ちょっと待ってくれ!
    いらないとは言ってないだろ。
    むしろ詳しく調べてみる必要がある。
    だからグラン(団長)……
    そのプレゼントをちょうだい。

    4年目
    ふふ~ん♪ やあ、グラン(団長)!
    メリークリスマス!
    やけに機嫌がいいように見えるだって?
    べ、別に普段通りさ。
    僕は名門アレテイ家の希望の星アリステラ・アレテイだよ?
    聖夜だからって他の家の子供のように浮かれたりしないんだよ!
    いっひひひひ……
    なっ……なんで僕が赤い老聖人からプレゼントを貰ったって知っているんだよ?
    確かに、僕が寝ている間に赤い老聖人が枕元にプレゼントを置いていったけど……
    ハッ!
    まさか君は赤い老聖人の活動をずっと監視しているのか!?

    5年目
    やあ、グラン(団長)!
    僕が何を持ってるのか知りたいか?
    知りたいだろう!?
    これは赤い老聖人からの手紙さ。
    僕が老聖人宛の手紙を枕元に置いてたら返事が来たんだ!
    はあ? 僕が老聖人からの手紙がほしいなんて子供じみた理由でこんなことをすると思う?
    この手紙はあくまで検証に使うデータ。
    今から手紙の筆跡と団員全員の筆跡を照らし合わせるんだ。
    筆跡は個人を特定する重要なファクターだからね、これで赤い老聖人伝説を立証しようってわけさ。
    なっ! 何で君に手紙を見せないといけないんだ?
    ……筆跡が見てみたいから?
    やーだね。
    これは僕宛の手紙なんだから読んでいいのは僕だけだよ、いっひひ!

    通報 0

    ログインしてコメントを書く

    関連する投稿