みんなのアイディア秘密基地ぴよほげ」です。思いついたアイディアをどんどんメモしてシェアしましょう!

QOLの自由を!! どこまでも自由に自分を表現できる世界に

投稿:monochro program  
通報 ウォッチ 0 46 0

同意書の廃止、または市での精神科医への助言

現在、性同一性障害の治療(性適合手術)をするためには、精神科医の同意書が必要な仕組みになっています。

しかし、考えて下さい。

タトゥーを入れるのに、精神科医の同意は必要ですか?

整形手術をするのに、精神科医の同意は必要ですか?

ただ、自分らしくありたい。

それだけのことなのに、なぜ精神科の同意書が必要なのでしょうか。

精神科で同意書をもらうために、精神科に手術をしたい動機を説明する。

その説明というものは、長い時間がかかります。

長い時間をかけてなお、許可をくれない医師は、本当にたくさんいるのです。

なおかつ、「社会不適合者」という診断を下し、あちこちと最先端の病院の診察待ちをさせる。

そうしている間に、5年、10年................。

その人の大切な青春の時間が消えていくのです。

性転換も、芸術活動も、発達障害も同じです。

この世に「不適合な人間」などいません。ただ、マイノリティであるというだけなのです。そしてそれはひとつの文化であり、個性であるにすぎないのです。

その「個性」を、「障害」という名で一掃し、隔離しようとしていませんか?

彼らは「制度の被害者」と言えるでしょう。

同意書の義務とは、いったいなぜあるのでしょうか。

私には、「古い封建的な思想の塊」にしか見えません。

コメント

    まだありません。

    関連する投稿

    ● リサーチのご依頼はこちらからお願いします。
    ● サンプルはこちらからご確認ください。
    ● その他、お気軽にお問合せください。