ほげきん」は、キャッシング特化型ユーザー交流サイトです。みんなの体験談を閲覧したり、あなたの相談を投稿できます。

最終的な判断はご利用者自身でお願いいたします。いかなる場合においても弊サイトは一切責任を負いませんので、予めご了承ください。

 

本サイトは、SHARE info(シェアインフォ)で作成された投稿型サイトです。
今すぐ、無料で、簡単に「投稿型サイト」が作成できます。

借金150万、毎月8万の支払い。私は債務整理を選びました。

投稿:pankoara  
通報 ウォッチ 0 19 0

私が初めてキャッシングをしたのは、二十歳の頃でした。当時私は1人暮らし、決して高いとは言えないお給料でしたが、何とかやりくりをしていました。しかし、社会人になり仕事をし始めると新しい友達も増え様々な場面でのお付き合いが増えていきました。すると次第に家計を圧迫し始めたのです。親元を離れ仕事を始めている手前、とても親には言い出せません。やむを得ずキャッシングで1万円借りることしたのです。それが始まりでした。

 

ATMからお金を引き出すので、恐ろしいことに、人からお金を借りているという意識がなくなり、まるで自分の口座から引き落としているような感覚に陥りました。案の定、ちょっとのつもりが少しずつ膨れていき、返済の為にまでキャッシングを利用するようになったのです。いわゆる火の車状態です。結果的には総額150万程度借りている状態でした。

 

その程度の金額なら何とか返せるだろうと思われる方もいらっしゃるでしょうが、地方で暮らしている私は、お給料も安いため、毎月の給料から家賃や光熱費等を支払うと、残りを全部支払いに当てるようなそんな毎日でした。もう限界だったのです。支払いも少しずつ遅れることも増えてきて、督促も来るようになり、そうなるともうお手上げです。

 

困り果てた私は、ネット検索をして債務整理というものの存在を知りました。車が必需品だった私にとっては、手放す必要が無いという最大の利点、また毎月の支払い金額が減額されるということで、すぐに法律事務所に依頼をしました。自分が悪いことをしたのに、とても優しく接してくれて、思わず涙が出ました。調査の結果、少しですが過払い金も発生していたので、借金も減額し、その時毎月の支払い金額が8万円ほどだったのが、3万円になったのです。私は救われました。

 

債務整理を行うことで、いわゆるブラックリストにはなりますが、私はそれでよかったと思っています。あえて借りられないようになることで、自分の身の丈に合った生活をしようと思いました。本来ならきちんと返すべきなのは分かっていますが、どうにもならなくなったときには、このような制度を利用するのもひとつの選択肢でしょう。

 

キャッシングをする際には、借りているんだということを忘れないでください。

コメント

    まだありません。

    関連する投稿