アップルのスティーブ・ジョブス氏や仏教僧侶でもある京セラ会長の稲盛和夫氏、松下幸之助氏といった著名な経営者、成功者の多くが、仏教を学び、その生き方や経営方針に取り入れているのは、よく知られています。


また、会社経営につきものの言葉、「経営」「利益」「経済」などは仏教用語でもあるのです。


仏教に学ぶ、逆境に打ち勝つ経営リーダーシップ 『歎異抄に学ぶ 大変化時代の生き方』なる本も出版されています。


変化と競争の激しい現代のビジネス界を生き抜くためには、仏教を学び、お釈迦さまの教えを実践している僧侶(住職)と話し合い、時には相談する、などといったことも、あってもよいのではないでしょうか。


僧侶(住職)と話し合い、場合によっては幹部や社員への法話・説法をお願いすることも、会社成長への一里塚にもなることでしょう。





並び替え:

最新の投稿