本サイトは、SHARE info(シェアインフォ)で作成された投稿型サイトです。
今すぐ、無料で、簡単に「投稿型サイト」が作成できます。

かもめ通信 さん

  
通報 ウォッチ 0

「ニューヨーク製菓店の末っ子」として生まれ育った作家が語るのは、幼い日の思い出、故郷のこと、パン屋を切り盛りしていた母のこと。

生まれる前から当たり前のようにあったから、そのままずっとそこにあるものだと信じて疑わなかった頃の思い出は、そのまま母の半生でもある。

その場所に立ち戻っても既に店はなく、あの頃に戻りたくても戻ることはできない。

それでも、ニューヨーク製菓店はかつて、確かにそこにあった、店と母とパンが、作家を育んできたことは、紛れもない事実で。

その思い出が、作家の心に小さな灯りをともすとき、読者もまた、自分の原点に思いを馳せて、小さな灯火で暖をとる。

関連する投稿

  • 投稿 - 2021/11/27
    ラミ さん
    0

    パン屋の子どもではなかったけれど、じつは自分も、子どもの頃に毎日のようにパンを食べ...

  • 投稿 - 2021/11/27
    ゆのおんま
    0

    製菓店の末っ子として生まれ育った少年とニューヨーク製菓店の歩み、時代の移り変わりを...

  • 投稿 - 2021/11/27
    まなみ さん
    0

    読ませていただいて、実家にいる家族のことや幼かった日のことを思い出し、懐かしく温か...