本サイトは、SHARE info(シェアインフォ)で作成された投稿型サイトです。
今すぐ、無料で、簡単に「投稿型サイト」が作成できます。

たけ さん

  
通報 ウォッチ 0

日々を過ごすなかで、ふと思い出す風景や誰かの言葉があります。それはその人にとって大切な場所であったり、嫌な思い出であったり、救われた言葉であったり、傷ついた言葉であったりもします。嫌な思い出はもちろん思い出したくもないですが、良い時も悪い時もその過去があったから今があるともいえます。『ニューヨーク製菓店』はそんな自分にとってのあるいつかの過去をそっと思い出させてくれるような作品でした。読んでいるだけで心がぽかぽかしてくるような温かみのある作品でもありました。キムヨンスさんにとってパンの香りが、その場所が心の拠り所であるように、誰にでも過去のある場所に心の拠り所があるはずです。もしそういった場所がない方はこの作品を読むことで『ニューヨーク製菓店』がそんな場所になるはずです。心温まる作品だからこそこれからの寒くなる季節、ぜひ多くの方に手に取っていただきたいと思いました。

関連する投稿

  • 投稿 - 2021/11/28
    山口 雅 さん
    0

    韓国文学を読むのは初めてだった。読んでみたいと思ってはいたものの、実際に本を買って...

  • 投稿 - 2021/11/28
    サイトー さん
    0

    『夜は歌う』の作者でもあるキム・ヨンスさんはどんな自伝小説を書くのだろう、と思いな...

  • 投稿 - 2021/11/28
    yuki さん
    0

    あなたがもし今、暗闇の中で道に迷い途方に暮れていたら、この小説『ニューヨーク製菓店...