本サイトは、SHARE info(シェアインフォ)で作成された投稿型サイトです。
今すぐ、無料で、簡単に「投稿型サイト」が作成できます。

ちはる さん

  
通報 ウォッチ 0

何度も読み返したくなる本は、そう出会えるものではありません。

異国のニューヨーク製菓店に想いを馳せながら、作者とあまり歳の変わらない、同じ時代を生きた自分の古い記憶と重ね合わせ、人生とは…を考えます。

読み手によっては、ニューヨーク製菓店に冬の匂いを感じ、夏の匂いを感じ、その自分の季節がやってくると、また本を手に取り、読み返すたびに、新しく心に言葉が入ってくる。そんな本ではないかと思います。

関連する投稿

  • 投稿 - 2021/11/28
    衛藤 彩子 さん
    0

    「私はこの小説だけは鉛筆で書くことにした」という出だしの一文が、実にキム・ヨンス作家...

  • 投稿 - 2021/11/28
    ふげ さん
    0

    いったいニューヨーク製菓店とは何なのか、主人公の目線からゆっくりと紐解いていく感覚...

  • 投稿 - 2021/11/28
    西丘伊吹 さん
    0

    決して感傷的な文章ではないのに、まるで自分自身の記憶のように、製菓店とかつての街並...