本サイトは、SHARE info(シェアインフォ)で作成された投稿型サイトです。
今すぐ、無料で、簡単に「投稿型サイト」が作成できます。

なをにゃん さん

  
通報 ウォッチ 0

この小説を読んでいると在りし日のニューヨーク製菓店の姿がはっきりと頭の中に浮かんできて、まるで自分もそこでの出来事を見てきたかのような気持ちになりました。何か特別なことが起こるわけではないけれど、エピソードがすっと心に入り込んでくるようでした。

今は存在しなくなったニューヨーク製菓店だけれど、キム・ヨンスさんの中には消えない灯りとして残っていて、その灯りがこれからの彼の人生を照らしてくれる…きっと誰の中にもキム・ヨンスさんにとってのニューヨーク製菓店のような場所(或いは人や物かもしれませんが)があって、ふとした時にその灯りを思い出しながら生きていくのでしょう。今わたしが見ている何気ないこの景色も、自分や家族の未来の灯りになるのだという事に気付かされました。

素晴らしい読書体験でした。

関連する投稿

  • 投稿 - 2021/11/27
    プレス さん
    0

    わたしは韓国文学の熱心な読み手ではありません。それでも、「菜食主義者」「82年生まれ...

  • 投稿 - 2021/11/27
    チョロ寺 さん
    0

    私の心の中にあるニューヨーク製菓店は商店街でいつも母がビールを買うと私にくじ付きの...

  • 投稿 - 2021/11/27
    らん さん
    0

    題名に惹かれてモニターに応募しました。韓国文学なのにニューヨークが舞台なのかな?と...