本サイトは、SHARE info(シェアインフォ)で作成された投稿型サイトです。
今すぐ、無料で、簡単に「投稿型サイト」が作成できます。

シズコ さん

  
通報 ウォッチ 0

作品を読みながら、小さい頃に祖母と出かけたスーパーマーケットを思い出しました。2階建ての平凡なお店で、今はもうありません。

主人公が「これから生きてゆく世の中には苦しいことだけが残されている」と感じたように、私もふと、これからの人生で起こるだろう別れを想像して、不安になることがあります。でも大人だから、自分を励ますのに充分な思い出も持っているんですよね。主人公に向かって「そうだ、そうだ!これからも幸せに生きていくぞ」と拳を突き上げたい気分です。

すっかり大人になってしまった今、読むことができて良かったと思います。


関連する投稿

  • 投稿 - 2021/11/27
    かりんとう さん
    0

    今回この様なイベントに初めて参加させて頂きました。なおかつ、今までアジア文学には殆...

  • 投稿 - 2021/11/27
    かもめ通信 さん
    0

    「ニューヨーク製菓店の末っ子」として生まれ育った作家が語るのは、幼い日の思い出、故...

  • 投稿 - 2021/11/27
    ラミ さん
    0

    パン屋の子どもではなかったけれど、じつは自分も、子どもの頃に毎日のようにパンを食べ...