本サイトは、SHARE info(シェアインフォ)で作成された投稿型サイトです。
今すぐ、無料で、簡単に「投稿型サイト」が作成できます。

hatsuki さん

  
通報 ウォッチ 0

切なくも、そっと抱擁をしてくれるような温かい話でした。世界のどこかで、決して有名ではない小さなお店が、そこで確かに存在していた小さな作家の紡ぐ言葉によって、ささやかに息吹をかえした瞬間に立ち会える。作者にとっての心の灯がニューヨーク製菓店だとするなら、私たちにとっての心の灯は何になるのだろうか。そんなことを想像するのが楽しくなる。

関連する投稿

  • 投稿 - 2021/11/28
    min.ami さん
    0

    読んでいる間、"キムヨンスさんから直接、過去のお話を聞いているような感覚"でした。少...

  • 投稿 - 伊藤伊藤 - 2021/11/28
    神山 マドカ さん
    0

    原稿用紙から聞こえる鉛筆の走る音。キム ヨンスが「ただ、そうしなければならないように...

  • 投稿 - 2021/11/28
    maica さん
    0

    私はまだ故郷を離れたことがない大学生ですが、急に自分の故郷を恋しく思いました。きっ...