本サイトは、SHARE info(シェアインフォ)で作成された投稿型サイトです。
今すぐ、無料で、簡単に「投稿型サイト」が作成できます。

tom さん

  
通報 ウォッチ 0

感想締め切りまで何度も読み返しました。そのたび、頭の中に浮かぶ情景が違ってきました。最後には(私の想像力の限界だからかもしれませんが)それは作者の町でなく自分の思い出の中にある故郷の街並みでした。「再開発」という、言葉で聞けば新しい・嬉しいものであるはずが、確実に自分の歴史の断片を削り取っていく・・・。そんな思いをしました。

とはいえ、「思い出は思い出だから美しい」のかもしれません。今は見ることができない作者の故郷の思い出を一緒に体験することができたようで、何やら懐かしい、嬉しい、寂しい・・・そんな読後感でした。

関連する投稿

  • 投稿 - 2021/11/28
    3月クララ(文芸ユニットるるるるん)
    0

    数年前、大切な友人を失った。彼が好んだ音楽や芸術に出会ったとき、彼の不在に、わたし...

  • 投稿 - 2021/11/28
    牟禮 あゆみ さん
    0

    「私」の、終始淡々とした語り口が印象的でした。客観的に見れば楽しい記憶より苦い記憶...

  • 投稿 - 2021/11/28
    kan さん
    0

    今回、作者の作品を初めて読みました。感想を書く、という意識だったので、ゆっくり読み...