映画「カンタ!ティモール」上映会in東久留米

投稿:そえじまかなこ  
地域:東京都
  • 場所:東京都東久留米市中央町2丁目6−23
通報 ウォッチ 0 301 1

はじめまして。そえじまかなこと申します。


2/18(土)東京都東久留米市にて、映画「カンタ!ティモール」の上映会をやります。

ぜひたくさんの方とみたいと思っていますので、ご興味のある方よろしくお願いします。


申し込みは不要です。

若い方にぜひ来ていただきたいと思い、12歳~22歳は無料としました。


以下詳細ご覧ください。


♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜♪:。・゜



人類はひとつの兄弟なのさ 

父もひとり、母もひとり 

大地の子ども 

憎んじゃだめさ、叩いちゃだめ 

戦争は過ちだ、大地が怒るよ。 

 

映画「Canta!Timor うたえ!ティモール」 

監督:広田奈津子 2012年 

 

2023年2月18日(土) 

 

18:00~受付開始 

18:30~20:30 上映(上映時間110分) 

20:30~21:00 意見交換会(自由参加) 

 

会場:東久留米市立生涯学習センター 学習室2 

 

対象:12歳以上 

 

料金:大人500円 *12歳~22歳:無料* 

 

問い合わせ:そえじままでメッセージください。 

 

<ストーリー> 

東ティモールで耳にした、ある青年の歌。日本帰国後もメロディが耳に残って離れない。 

監督達は青年を探すため島に戻る。そして一つの旅が始まった。 

「ねえ仲間たち ねえ大人たち 僕らのあやまちを 大地は知っているよ」 

歌はこう始まっていた。 

直接的な言葉を歌えば命に危険が及ぶ、インドネシア軍事統制下にひっそりと歌われた歌だった。 

青年に連れられて、監督たちは島の奥へと入っていく。 

そこに広がるのは、精霊たちと共にある暮らし。青い海、たわわに実るマンゴー、はじけるような笑顔の人々。 

常夏のおおきな太陽に照らされ、深い影を落とすのは、人々の命を奪った軍事侵略。 

報道にのらない地下資源ビジネス、日本の驚くべき行動。 

3人に1人が命を落としながら、彼らが守り抜いたもの 

「悲しい。いつまでも悲しみは消えない。でもそれは怒りじゃない。怒りじゃないんだ」 

「人は空の星々と同じ 消えては空を巡り また必ず 君に会える」  

弾丸が飛び交う中、人々は命をわけるように助け合い、そして笑い、歌った。 

大地に生かされ、輪になって踊る、遠く懐かしい風景。 

いつのまにか、ティモールの旅はそっと監督たちに問いかける。 

愛すべきふるさと、日本の島々の姿を 


映画予告編


https://fb.watch/igKli9vZ5C/

コメント

    まだありません。

    ログインしてコメントを書く

    関連する投稿