不登校だった旦那さん、リストカッターだった私の後日談

投稿:宮下 愛  
地域:長野県
通報 ウォッチ 2 273 13

先日のサロンの公開ミーティングで

『元不登校だった子のその後談が救いになる』と聞いて、

私たち夫婦の体験談が少しでもお役に立てばと思い

シェアさせて頂きます。


私の旦那さんは

ほとんど中学校に行っていません。


中1の2学期から卒業までずっと不登校だったそうです。


理由は、教室での一斉授業というシステムが合わなかったことと、男友達とのつきあい方で個人的に難しさを感じてしまったこと。


引きこもり期を経て

夏は釣り、冬はスノボに勤しみまくり、

釣りのプロとして生きる

だとか、

プロスノーボーダーになる

など、

不登校で遊びながらでも

自分の生き方を探していたそうです。


中3を目前に自分の人生を本気で考え、

『親と同じ設計士になる』と決意。


中3で家庭教師をつけてもらい、

全日制高校から学校復帰。


その後は大学の建築科へ進み、

20代で1級建築士の資格を取得しました。




私は高校時代

いじめが原因でリストカットをしていました。


今は、いじめてくれたことに対して

本当に感謝しています。


いじめてくれなきゃ

相当根性がネジ曲がったままの

人間だったと思うから^^;


リストカットしていた時は

死にたいとかじゃなくて、

心の痛みを身体の痛みで

上書きしようとしていた感じです。


その後、

学年一嫌われていた数学の先生に救われました。


『どうしようもなくツラいんだな』

って言われて

ようやく泣き崩れることができたのを

今も鮮明に覚えてて。


今思うと、

親も、いじめに参加してない友達も

みんな心配してくれていて、

数学の先生にだって

もしかしたら友達が相談してくれたのかもしれない。


当時の私には見えてなかったけど、

でもちゃんと自分のタイミングで

出口への光を掴むことができました。


一部のクラスメイトからのシカトは卒業まで続いたけれど、

人前で泣くことができてからは

ずいぶん心がラクになり、

シカトに参加しない友達もたくさんいると気付いて

高校は無事に卒業し、進学しました。



旦那さんは

中学校はほとんど行ってないけれど

中学校の同級会には欠かさず参加し、

ほとんどが初対面感覚だから

毎回合コンだった😏✨と喜んでいます。

大人になってから中学校時代の同級生と友達になるなんてことはザラだったそう。


私のリストカット経験は

本当にどっちが被害者だかわかんないので、

クラスメイトにはこの場をお借りしてお詫びしたいくらいで…


だから、責める気もないし

人生にマイナスに作用するとかも全くないし

むしろプラスにしかなっていません。


あの経験があって本当に良かったと思います。


私は、社会人になってからも

無理をしすぎて心身を壊し、

ニート経験もあります。


が、今もたくましく生きています。


私も主人も、

学生時代にいろいろあった経験から

2人して今の教育を変えたいと思っており、

共通の目標として日々話し合ったり

どうやったら学校がもっと楽しい場所になるか作戦を立てています。


経験者だからこそ思える、

経験者だからこそ語れることがたくさんある。



主人は、不登校のとき

池で釣りをしている最中に一人の消防士さんに声をかけてもらい、

その方が何かと気にかけてくれ、

いろんな場所にも連れていってくれたことが

大きな励みになったそうです。


親以外の大人と家庭以外で触れあう経験が大切なんだと

その話を聞いて思ったので、

不登校の子たちへ

学習のための場所ではなく、

親以外の大人との触れ合いの場所を作る動きもしようと思っています。




まとまりがない話になりましたが、

少しでもお役に立てればと思い

投稿させて頂きました。

コメント

    岩野祥子さん: 2022-05-30 12:28:50

    「親以外の大人と家庭以外で触れあう経験」
    わたしも、これがすごく大事だと思います!

    まだ全然ちゃんとは考えていないけど、こんな感じの場であり、学校に代わる子どもたちの居場所を作りたくて、これから動こうとしています!

    通報 1 返信

    上野はづきさん: 2022-05-24 21:51:25

    とても深い過去があって行動なさっているのがわかりました。
    私も子の登校拒否を受け入れているのは、自分が子どもの頃 感じていた困難さに起因しているような気がしています。困難さ というのは、「外から見ての」ではなく、私が抱えていた”生きにくさ”みたいなものです。

    通報 2 返信

    ログインしてコメントを書く

    関連する投稿