シェアリングエコノミーに関する記事を集めました。

「下宿」の新しい形。フランスの高齢者と若者のホームシェアって?

投稿:シェアエコ  
通報 ウォッチ 34 なるほど! 1

参考ページ

ヨクラス 2016-04-19

http://yokras.com/overseas/1148

パリのソリデールについて

独居老人と家賃高騰の解決策


受け入れまでの仲介役として、「高齢者宅の訪問」、「若者の事前面接」を Le Pari Solidaire が行ないます。面接を経て若者が高齢者の住宅を 1 人で訪問し、双方の合意によりマッチングが完了します。

トラブルを避けるために、家主である高齢者と学生(若者)の両者が理解し、同意するルール(※3)にサインし、同居がスタートします。同居後は、高齢者と若者の双方が Le Pari Solidaire に生活の報告を行い、ミスマッチが生じていないかを Le Pari Solidaire が確認します。(※4)


Le Pari Solidaire のホームページには、「この異世代ホームシェアは誰にでも適しているとはいえない」と書かれています。



回答

    匿名 さん: 2021-03-23 11:00:00

    勉強になります!

    通報 よいね! 0

    内容が古くなっているもの、リンク切れなどがございましたら、記事タイトル下の「通報」ボタンより「不適切な内容」としてご一報いただけますと幸いです。