シェアリングサイト簡単作成サービス「SHARE info」 はこちら

マッチングサイトで物事を改善、効率化 | アイデア - 12

投稿:くまごろう  
通報 ウォッチ

マッチングサイトは新しいアイデアの実現にしばしば使われるメジャーなインターネットサイトの利用方法です。その本質は、コミュニケーションに距離、時間、人数の制限が少なく、(コミュニケーションをとるための)コストも低いという点ではないでしょうか。このような利点を有効利用する事で、効率よくサービスや物、情報の流通を行う事ができるようになります。

例えば、クラウドソーシングサービス「nutte」のようなサービスでは、縫製職人と服飾デザイナーの受発注をマッチングして Win Win の関係を目指しています。マッチングサイトを応用する事で両者は必要以上の手間をかけずにお互いに必要とする人を探す事ができるようになります。

ネットを使ってハイヤーの手配をする場合も、近くにいるハイヤーとハイヤーを求める人をマッチングするための仕組みと考える事ができます。

このように、マッチンサイトを利用すると従来は困難だった需要と供給のマッチングが実現できるので、目の付け所によっては非常に価値の高い斬新なサービスが実現できます。価値の高いサービスは当然、収益を上げる事も可能になるはずです。

難しい点としては、サービスの開始時には上手く行くのかはっきりとはわからない状態で、サイトを制作して事業をスタートする必要がある事です。また、サイトを立ち上げた直後は知名度も低いので、サイトへの集客にも困難が伴います。小規模事業者や個人にとっては、大きなリスクが伴うという事です。

アイデアが固まった後の、次の段階のハードルは実際にサイトを立ち上げてユーザーを集めて反応を確かめるところ。SHARE.info はこの部分のコストを劇的に下げる可能性を秘めています。

機能確認程度の利用であれば無料でサイトを公開できますし、本格的な利用にも一般的なサイト製作費に比べて非常に低いコストでサイト構築や維持ができます。さらに、オリジナリティーのある機能が必要になった場合は、個別にカスタマイズする事も可能です。

SHARE.info では、ユーザーの投稿に対して興味を持った別のユーザーから連絡を入れる事ができます。つまり、掲載内容とマッチする人がみつかった時点でお互いに連絡を取り合う形です。例えば、何かの教室を行っている人が記事を掲載して、その教室に興味を持った人が教室に連絡をとるなどです。記事の掲載や連絡を取る時は、サイト上で必要事項を入力するだけなので手間もかかりません。

サイトの人気が出てくれば、課金を考える場合も多いと思いますが、SHARE.info では、よく使われる課金のタイミング(ユーザー登録時、投稿時など)で課金を行う仕組みも持っています(プロプランのみ)。

また、サイト運営コストを非常に低く抑える事ができるので、サイト上での収益を考えずとも、例えば身近な地域限定の「あげます・ください」サイトなどを考えるのも良いでしょう。必要な物を必要とする人へ効率よく渡す事ができるようになるかもしれません。

マッチングを行うという事は、今まで世の中で見過ごされていた無駄に着目し、世の中をよりよく改善してくという取り組みと考えても良いのではないでしょうか。SHARE.info ならアイデアが浮かんだらすぐに実際のサイトで検証する事ができるのです。

前「ニュースを発信」  次「複数サイトをまとめて」

コメント

    まだありません。

    関連する記事

    このブログは「シェアリング掲示板 SHARE info」で作られています。