シェアリングサイト簡単作成サービス「SHARE info」 はこちら

投稿に作品の写真などを付け、作品の発表や販売を行う | 使い方アイデア - 9

投稿:くまごろう  
通報 ウォッチ

手芸、絵画、書道、写真、彫刻、陶芸などを制作している方は多いと思います。野菜などの作物を育てるのも似た感じかもしれません。でも、プロとして仕事で取り組んでいる方はその中の一握り。プロではなくとも、自信作は人に見てもらいたいものですし、作品を購入してくれる人がいるなら販売したいと考える方も多いのではないでしょうか。

かといって、プロのように販売にまでお金をかけて取り組むのは非常にハードルの高い取り組みになってしまいます。また、購入を考える人の中には、プロの作った高価な品でなくてもよいから、作品を手元において楽しみたいと考える人は多そうに思います。

SHARE.info を利用すれば独自の作品発表と販売を行うサイトを作る事ができます。サイトの準備に沢山お金がかかってしまうと、どうしても販売価格に跳ね返ってしまいますが、SHARE.info ではサイトの準備にかかるコストや時間が極端に軽いので、手軽にサイトを公開して、お手頃価格で作品を販売する事ができます。もちろん、販売をせずに、作品発表や同好の方との交流の場として活用してもOK。

ここでは例として、「絵画」のサイトを SHARE.info で作る事を考えてみます。このサイトでは、作者が制作した絵画の写真を付けて投稿して、コメント欄でディスカッションしたり、購入希望者が見つかれば販売します。

サイト名やサイトで利用するメールアドレスなどの基本事項の設定を確認した後に、まずは投稿内容を考えてみます。SHARE.info は記事の文章と画像が投稿できます。他にも、Youtube の動画も貼り付けられるようにすると、制作中の様子やクリエーターのメッセージなどが掲載できるので面白そうです。販売の有無を入力できる欄も必要でしょうし、値段も必要です。これらの入力欄が使えるように入力項目を追加します。

投稿できるカテゴリーも考えないといけませんが、私は絵画に詳しくないので仮に、「風景」「人物」「物」「その他」としておきます。

利用規約なども整備する必要がありますが、とりあえずサイトの基本設定はこれくらいで出来上がりです。他にも細かく設定が沢山できあますが、サイトを使いながら調整していっても良いでしょう。

次は、いよいよ投稿を入れていく段階に入ります。空っぽのサイトには誰も投稿してくれませんから、まずは自分と仲間内で投稿を増やすのが手っ取り早い方法です。ある程度投稿がたまれば、新規ユーザーの獲得作戦の開始です。広告を出す、営業をする、口コミを広げるなど知恵を絞ってユーザーを集めます。サイト公開直後は投稿数が少ないので、ユーザー集めはゆっくりとしか進まないかもしれませんが、投稿が増えるにつれてサイトのアクセスは増えるはずです。もちろん、沢山の生徒さんを抱えている絵画教室であれば、生徒さんに投稿してもらう事で一気に投稿を集めて弾みをつける事もできます。サイトの成長速度は投稿が増えるにつれて加速するので、最初は我慢が必要かもしれませんが、じっくりと諦めずに、サイトのコンテンツを充実させながら、ユーザーを増やしてください。

掲載される投稿が増えてくれば、それを見に来る人も増え、やがて売買も成立するようになるかもしれません。時間がかかるかもしれませんが、到達すればサイトは資産的な価値を持っていると言えるでしょう!

ざっと絵画を例に説明しましたが、対象とする物は色々あります。もし、これぞと思う分野があれば、SHARE.info でサイト運営に挑戦してください。SHARE.info なら投稿サイトを始めるのはとても簡単です!

前「情報収集」  次「人の募集」

コメント

    まだありません。

    関連する記事

    このブログは「シェアリング掲示板 SHARE info」で作られています。