シェアリングサイト簡単作成サービス「SHARE info」 はこちら

投稿やコメント機能を使って情報を広く収集 | 使い方アイデア - 8

投稿:くまごろう  
通報 ウォッチ

インターネットは多くの方々が利用しているので、意見やアイデアなどを収集する事ができます。

情報収集といえばアンケートが思いつきますが、SHARE.info を使って「投稿」や「コメント」として情報を収集する方法を考えてみます。

SHARE.info を使った情報収集は、以下のような特徴がありそうです。

投稿やコメントという形なので、情報提供者は自発的に情報発信する事になる
投稿してくれたユーザーのメールアドレスが収集できる(サイトの設定による)
提供された情報は、他のユーザーやサイトを訪れる人に公開される
ユーザー間、ユーザーとサイト運営者間でコミュニケーションができる(コミュニティーが形成できる)

サイトが対象にする範囲や投稿してほしい内容は、投稿集めの方法や難易度に大きく影響するため、検討が必要です。投稿募集をスタートしてからも方針は変更できますが、頻繁に変更するとサイトのユーザーが混乱してしまうかもしれません。

サイトが対象にする範囲とは、「地域」「話題」などです。狭ければ狭いほど、宣伝などを行う際のターゲットが絞りやすくなりますが、潜在的なユーザー数は少なくなりそうです。広域や一般的な話題を取り扱う場合は、潜在的なユーザー数は多くなりますが、競合も多くなりますし、難易度はアップしそうです。

投稿してほしい内容は、気楽に投稿できるか、そうでないかで投稿数に差が出そうです。簡単・気楽・楽しいような話題なら投稿数は増やしやすく、難しい話題は投稿数を増やす難易度が高くなります。

サイトを知ってもらう方法は、口コミ、Facebook, Twitter などの SNS、 営業、有料広告、など、多種多様な方法がありますが、短時間に大量の投稿を得るのは難しいので、じっくりと取り組む必要がありそうです。初期状態からのサイトの成長はゆっくりだとしても、ユーザーや投稿が増えてくると加速度的にサイトが成長する可能性もあります。

投稿してもらうためのモチベーションアップとしては、サイトの内容を楽しかったり世の中の役に立つ物にすれば、モチベーションアップにつながるかもしれません。
コミュニケーションそのものを楽しめるようにしたり、クラウドソーシングで投稿を依頼する方法もあるようです。
景品や特典を用意するのも良いかもしれません。景品を用意すれば、そのような情報を掲載してくれるサイトに登録して宣伝してもらう事もできます。
ほかにも、運営者のアイデアや行動力次第で様々な取り組みができそうです。

前「趣味の情報交換」  次「作品の発表と販売」

コメント

    まだありません。

    関連する記事

    このブログは「シェアリング掲示板 SHARE info」で作られています。