シェアリングサイト簡単作成サービス「SHARE info」 はこちら

プログラマーという仕事

投稿:くまごろう  
通報 ウォッチ

2020年度から小学校~高等学校の各学校で「プログラミング教育」が必須化するようです。

この年齢のお子さんがいらしゃるかたや、当事者の学生さんはプログラミングについてどのようなイメージをもっているでしょうか。


私は学校で行われる授業の内容は把握していないのですが、職業プログラマーとして長い間プログラムを作ってきた経験から、どのような事が学べると将来の役に立つのか考えてみたいと思います。


役に立つというと受験や就職に有利といった事がありますが、そういう事ではありません。また、プログラマーが不足しているとしても貴重な子供時代からトレーニングを行うほどの価値があるのかどうか。正直、仕事としてプログラミングを行うのに小学校から勉強する必要は無さそうな気もします。なぜなら、プログラミング自体は文章の読み書きや数学ほど難しい事ではないと感じるからです。


パン屋さんになるのに小学校から勉強する必要があるとおもいますか?それも、パン屋になる人もならない人も一律で勉強する理由なんて全くないと思います。でも、パン屋になるためには読み書きは絶対必要でしょうし、商売ですから計算もできないとお店が潰れてしまうでしょう。将来、職業としてパン屋をするのとプログラマーになるのとで何が違うのでしょうか。


私が考える小さいころからプログラミングを教わるメリットとは「考え方」の練習です。正確に手順を追って考えると得をする事があるからです。


世の中はコンピューターではどうしようもない事も沢山ありますから、万能の武器を手に入れるわけではありませんが、一見複雑で簡単には解決できないような問題も、落ち着いて一つ一つの手順に分割して上手く並べ替えて考えれば正しく解く事ができるかもしれません。


そういった「考え方」のトレーニングツールとしてプログラミングというものを活用すれば、人生における困難な場面でも乗り越えられる可能性を増やしてあげられるかもしれません。


そして、「考え方」をコンピューターに入力できる形に整形したものがプログラムです。全員がプログラムが作れる必要はありませんが「考え方」は応用範囲が広いので知って損する話ではないように思います。


「考え方」をコンピューター用に整形する能力にすぐれた人がプログラマーになれば大活躍するでしょう。さらに「考え方」を教わった人たちが沢山出てくるのですから、「考え方」をシェアしてプログラマーに自動化してもらうのも今よりずっと効率的にできるはずです。


万能とは思えませんが「考え方」の一つのツールとして子供の時から習えば、今とは違う世の中が開けるような期待をもっています。


大人たちは間違っても「良い人材が沢山で大儲け」とか考えずに、老いた脳みそでは生み出せなくなったイノベーションを若い人たちに託し、次世代が有意義な時間を過ごせるように考えてほしいものです。


プログラミングを幼い頃から習った人たちが育てば、私のような古いプログラマは場所が無くなりますが、仕事で経験してきた色々な「考え方」はすぐには真似できないでしょうから、歳をとっても若い人と一緒に世の中の役に立つ仕事ができたらいいなと思います。


コメント

    まだありません。

    関連する記事

    このブログは「シェアリング掲示板 SHARE info」で作られています。