シェアリングサイト簡単作成サービス「SHARE info」 はこちら

AutoHotkey でキーボードの最適化

  
通報 ウォッチ

AutoHotkey を使うとキーボードを色々カスタマイズできる事を知りました。

例えば、あまり使う事の無い「無変換キー」を有効活用してホームポジションからなるべく手を離さずにキー操作できるように設定できます。

さっそくインストールして試そうとしたのですがWeb上で見つかる設定方法は少し古い物が多く、私のインストールした2018/2/3 時点での最新版 v1.1.27.07 では上手く動きませんでした。そこで、色々調べて作った設定ファイルを掲載します。

Emacs 風にしています。試行錯誤中なので使いやすいかは疑問ですが、AutoHitkey の設定で躓いた時は参考にしていただければ。


sc070::Send,{Blind}{sc029} ;カナ単独 = 全角/半角キー

sc07B & B::Send,{Blind}{Left} ;無変換 + B = 左カーソルキー
sc07B & N::Send,{Blind}{Down} ;無変換 + N = 下カーソルキー
sc07B & P::Send,{Blind}{Up} ;無変換 + P = 上カーソルキー
sc07B & F::Send,{Blind}{Right} ;無変換 + F = 右カーソルキー
sc07B & A::Send,{Blind}{Home} ;無変換 + A = Home
sc07B & E::Send,{Blind}{End} ;無変換 + E = End
sc07B & D::Send,{Blind}{Del} ;無変換 + D = Delete
sc07B & C::Send,^c ;無変換 + C = Ctrl+C
sc07B & V::Send,^v ;無変換 + V = Ctrl+V
sc07B & X::Send,^x ;無変換 + X = Ctrl+X
sc07B & Z::Send,^z ;無変換 + Z = Ctrl+Z
sc07B & S::Send,^s ;無変換 + S = Ctrl+S
sc07B & O::Send,^o ;無変換 + O = Ctrl+O
sc07B & Y::Send,^y ;無変換 + Y = Ctrl+Y

sc079::Send,{Blind}{Enter} ;変換単独 = Enter
sc079 & P::Send,{Blind}{PgUp} ;変換 + P = PageUp
sc079 & V::Send,{Blind}{PgDn} ;変換 + V = PageDown
sc079 & D::Send,{Blind}{BS} ;変換 + D = BackSpace
sc079 & A::Send,^a ;変換 + A = Ctrl+A

 

コメント

    まだありません。

    関連する記事

    このブログは「シェアリング掲示板 SHARE info」で作られています。