ソフトテニス部の指導に悩むあなたにピッタリの解決方法が見つかる!

【DVD】必勝!走るソフトテニス ~走らぬテニスに勝利なし~ DVD 全3枚セット

投稿:編集部
ウォッチ

商品紹介

“走って、拾って、打って、決める” 眩しい黄色のユニフォームがテニスコートを縦横無尽に走り回り、 ネットをかすめたボールが、相手コートに鋭く突き刺さる。 ここはインターハイ団体優勝2回、全国選抜優勝2回のカナリア軍団、 強豪・尽誠学園高等学校男子ソフトテニス部のテニスコートである。 本作では、尽誠学園で行なわれている練習法の中でも、ミスの少ない安定したプレーに必要不可欠な、下半身の強化を中心としたメニューを網羅! ラケットの進化によって上体だけに頼りがちな動きを改善し、コントロールの向上から球速、フットワーク技術までもレベルアップさせる“特別メニュー”を公開しています。

 

個別DVDのタイトル

Disc1「基本ストロークとコントロール練習」 (44分)

ゲーム中に起こるミスの原因を、ストロークのサイクルを用いて解説。 ミスの原因となる動きを把握した上で正しいストロークを習得していきます。 コントロール練習では、遊びのような練習を織り交ぜることで、無理なく自然にコントロール技術が上がっていく上達法を紹介しています。 ◎ストロークのサイクルと確認

◎アウトボール練習

◎1分乱打

◎コントロール練習 ・白帯にかける ・ネットイン ・ラケット面を狙う ・グリップを狙う ・上げボールの球でグリップを狙う ・2点を意識して打つ ・打ち分け ・動かされた状況から打ち分ける ・下半身と上半身の使い方

Disc2「ロビングとストローク応用」 (42分)

効果的なロビングが出来るようガットの役割から解説し、重心移動やラケットの角度などを覚える。また打球の高さに制限を設けることで、実戦で使えるロビングが身につくように練習していきます。 次に、Disc1で習得した基本ストロークの応用として、バックとフォアのストローク練習を紹介。試合中のかけひきで重要となるコースの打ち分けを軸に、実戦的な球を打つための身体の使い方を習得します。 サービスでは、最近尽誠学園で行なっているという練習法を紹介。安定した速いサーブを身につけ、ファーストサービスの確率を上げていきます。

◎ロビング ・中ロブ ・コースの切り返し

◎バックハンドストローク ・流しコースの打ち方

◎フォアハンドストローク ・トップ打ち ・2本打ち ・トップ打ち(コース打ち分け) ・回り込み練習 ・回り込み(流しを意識した引っ張り)

◎サービス

Disc3「ボレーの強化と想定練習」 (68分)

最終巻ではボレー技術を習得するための練習を紹介。 初心者から出来る簡単なメニューから、少しずつ実戦的な動きを確認し、鋭いボレーを実現するための身体の使い方やコツを伝授していきます。 また、カバーリングではダブルスの試合を想定し、前衛の動きに合わせた後衛のポジショニングを学ぶ。 ◎ボレー練習 ・歩くボレー ・軽い駆け足 ・トップスピード ・2歩3歩 ・後ろ足でタイミングをとる ・フォアボレー ・バックボレー

◎ランニングボレー ・フォアボレー ・バックボレー

◎ディフェンスボレー

◎ローボレー ・ストレートをクロスへ ・クロスをストレートへ ・ストレートのバックボレー ・逆クロスのバックボレー

◎ストローク後のフォロー ・クロス ・逆クロス ・ストレートバックボレー ・ストレートフォアボレー ◎カバーリング ・前衛が抜かれる前提 ・フリー形式 ・ストレートに返球してからフリー ・前衛と反対へ動く練習 ・クロス・逆クロスへの配球

商品について詳しくはこちら

Youtube動画

コメント

    まだありません。

    ログインしてコメントする

    関連する投稿