ソフトテニス部の指導に悩むあなたにピッタリの解決方法が見つかる!

【DVD】濱中式指導法そして“オールラウンドプレーヤー”まで~都跡中の強さを探る~DVD 全4枚セット

投稿:編集部
ウォッチ

商品紹介

「濱中式指導法」とはどのような指導法なのでしょうか。現在では全国大会出場の常連となっている濱中嘉彦監督。都跡中学校に赴任後、驚異的なスピードで全中出場、優勝を成し遂げ、大宇陀中学校への転勤後も輝かしい戦歴を重ね続けています。このDVDシリーズは濱中監督独自の練習法の原点とも言える基本戦術パターンを紹介しています。試合での駆け引きに重要なポジション取りでは、「攻めのポジション」「守りのポジション」と攻守に分けて解説します。ここでは基本的な位置取りをふまえて、状況に瞬時に対応できるオールラウンドプレーヤーの育成を目指します。また、「濱中式パターン」と名付けた数々のゲームでの戦略的な動きを実践を交えて詳しく解説します。試合での効果的な攻撃力アップにつながる練習法を模索している指導者の方々に最適な内容です。

 

個別DVDのタイトル

攻めのポジション 攻撃ポジションの基準から、相手後衛の位置を変えながら練習していく。またポジションの間違え易い例も取り上げ、自分の範囲を確認する。(29分)

★攻撃ポジションの確認練習と実戦練習 

★間違い易い例(味方後衛が動かされた時 他)

★ポーチボレーの考え方とフォローの仕方 守りのポジション 味方の後衛が短いボールを打った時の前衛の守る範囲は、どういう基準で考えてポジション取りをすれば良いのか?他にファーストサービスについて、前回のシリーズで触れなかった部分を紹介する。(24分)

★トップ打ち→アタックボレー→フォロー 

★中間守備練習としてサービス&ダッシュ→レシーブ→ボレー

★サービスの次のボレーを強化する為のボレーボレー 濱中式パターンI セカンドレシーブからの攻撃をゲーム形式の中で、ポジションを想定して解説する。どこへ返球(攻撃)するのが効果的なのか---。又その為の有効な練習法など、見所多い巻である。(23分)

★セカンドレシーブからの4本目攻撃 

★2コース打ち分け 

★ショート乱打 

★ショート乱打の応用 

★4コース打ち分け 濱中式パターンII ファーストレシーブからの攻撃を指導する。このゲーム形式で、攻めのポジションと守りのポジションの練習、またその技術が身に付く練習法が学べる。(25分)

★ファーストレシーブの前衛への攻撃 

★ファーストサービスからのポジション練習

★レシーブ側とサービス側の前衛の動き 

★ファーストレシーブからの3本目の攻撃 

★ポイントされない為の特殊形

商品について詳しくはこちら

Youtube動画

コメント

    まだありません。

    ログインしてコメントする

    関連する投稿