京田辺市が、高齢者と学生の同居マッチングを後押し「京田辺ソリデール」事業

投稿:管理人  
地域:関西
通報 64 0

異世代ホームシェア

京都府京田辺市が、2019年から行政として高齢世帯と学生のホームシェアマッチング事業をスタートしています。


京田辺ソリデール ホームページ

https://k-coop.jp/tomozumi/kyotanabe/


他府県でもNPO団体や企業、個人などが同様のマッチング活動をしている例がありますが、行政として取り組んでマッチング実績もあるのは、都道府県単位では2016年から「京都ソリデール」を始めている京都府、そして市区町村単位では、京田辺市(2021年現在)だけではないでしょうか。


実際のマッチング活動は、京田辺市の委託を受けたマッチング事業者(京都高齢者生活協同組合くらしコープ)が行っています。

空き部屋を貸してもよいという高齢世帯と、高齢者との同居を希望する学生さんを募集し、ヒアリングとマッチングを行っています。


京田辺市内には同志社大学のキャンパスが

京田辺市には、同志社大学京田辺キャンパスがあり、理工系の学部や同志社女子大学があります。隣接して同志社国際高校もあります。


同志社大学京田辺校地にある学部

・文化情報学部

・理工学部

・生命医科学部

・スポーツ健康科学部

・心理学部

・グローバル・コミュニケーション学部


また、京田辺市はJR学研都市線や近鉄京都線を使って大阪市内、京都市内、そして奈良方面へのアクセスも良く、通学可能な大学が多数あります。


家賃の負担を抑えたい学生さん

学費の負担に加えて、親元を離れて下宿する学生さんは家賃や光熱費が大きな負担となります。


家賃の安い住まいを探している地方出身の学生さんには、異世代ホームシェアは魅力的な選択肢ではないでしょうか。


経済的事情だけでなく、「高齢者との同居に興味がある」「力になりたい」「学生時代に他と違った体験がしたい」など、エントリーの動機はさまざま。

新入生、関西圏の学校への受験を考える高校生の方もご相談可能です。


空き部屋をもつ一人暮らしの高齢者

「一人暮らしで張り合いがない。」「部屋が余っていてもったいないと思っている」

そんな高齢世帯の方は、空いているお部屋を学生さんに住んでもらうのはいかがでしょうか。


京田辺ソリデールの行ったアンケートによると「信頼のおける機関が紹介してくれるなら、住んでもらってもよい」と考える世帯の方も多いそうです。


行政から委託されたマッチング事業者を介するので、相談・サポートをしてもらえます。


申し込み先

空き室を提供したい高齢世帯の方、高齢者との同居を希望する学生の方、ともに下記から応募できます。

共住(ともずみ)プロジェクト

京都高齢者生協くらしコープ

https://kyoto-koureikyo.jp/tomozumi/


説明会情報

高齢者と若者がソリデールするまちへ 2021年9月26日

https://k-coop.jp/tomozumi/kyotanabe/event/210925forum/


コメント

    まだありません。

    関連する投稿