2020年の民法改正・連帯保証人の限度額を決める必要がある

投稿:管理人  
地域:
通報 25 0

2020年4月に民法改正

2020年4月以降に締結する賃貸借契約から、連帯保証人との間の契約には極度額の設定が必須となります。


賃貸契約の際に連帯保証人を立てる際、極度額を決めなくてはならなくなりました。

「立て替えなければならない家賃等の限度額」のことです。


  • 連帯保証人の限度額を決めないと、連帯保証人契約が無効になってしまいます。
  • 限度額は金額で書く必要があります。(家賃〇か月分、ではなく、〇〇万円、といった記載にする)
  • 限度額は、契約期間と同じ(1年契約なら家賃の12か月分、2年契約なら24か月分の金額)にすることが多いようです。



民法改正で連帯保証人が無効!知らないとヤバい改正のポイント

https://landnet.co.jp/redia/3822

コメント

    まだありません。

    関連する投稿