主と同じ苦しみ以上でないと目的地であるパラダイスにいけない。

投稿:池田丈治  
0 通報 ウォッチ

残念ですがエホバの証人のように奉仕ばっかりしててもパラダイスにはいけません。。

主と同じ苦しみ以上を味合わないとパラダイスにはいけないのです。

つまり、一度以上現存する命で実際に死んでないといけないのです。

何故でしょうか?

例えば、ある電車が時間内に目的地につかないといけません。

目的地へは険しい山をいくつも超えないといけません。

目的地へは何支線もありますが、必ず険山を超えていかないといけません。誰も邪魔できない険しい山に囲まれた中に目的地があるからです。

統治体の職や開拓奉仕みたいに平凡なレールなどありようはずがありません。

しかし、主は女性が弱い器である事をご存知なので、

主に忠実であれば女性専用の苦痛が少ないレールつまり、空の便も目的地まで整えてあります。

コメント

    まだありません。

    関連する投稿

    • 前回の続き
      主からのニュース - 池田丈治 - 2021/02/24
      前回の続き
      0

      悪魔サタンは接続詞の「の」に目をつけて、最後のIを変化させ...

    • 啓示(黙示録)22章2節の命の木の実
      主からのニュース - 池田丈治 - 2021/02/24
      啓示(黙示録)22章2節の命の木の実
      0

      重大な事を話します。主と私を愛する女性はよく意味を悟るよ...

    • 私の家は残ります
      主からのニュース - 池田丈治 - 2021/02/23
      私の家は残ります
      0

      主は言われました。「黙示録に記されている大地震がきてもあ...