本サイトは、SHARE info(シェアインフォ)で作成された投稿型サイトです。
今すぐ、無料で、簡単に「投稿型サイト」が作成できます。

【日々綴】~雑談もいいですけど、歌詞とか小説とか書きません?~(第2弾)

投稿:アタマはサカナ等やわ  
通報 ウォッチ 0

なんか人数が増えてる…((

あ、アタマはサカナ等やわってやつです()

えっと、なんか企画やってます((雑

「日々綴」(ひびつづり)という名前は

ほさと*さんのご意見からいただきました!

ありがとうございますm(__)m


「企画」とはいっても、

テーマに沿って投稿する、という感じです。


梅雨入りしてきてますし、

今回のテーマは「日常」でいきたいと思います。


詩でも小説でも歌詞でも

一人何回でもOKです。


↓注意など

・投稿は、このページにコメントする、という形でお願いします。

・作品への感想等はここではなく、作者様の感想用ページに書いていただけるとありがたいです。

・ご意見、テーマ案などあれば、専用のページがあるので、そこにお願いします。


前回よりたくさんの参加待ってますよ!!((


↓前回の企画

https://theshare.info/zemi/%e4%bc%81%e7%94%bb/%e4%bc%81%e7%94%bb_i49


↓企画の意見とか募集してるページ。

https://theshare.info/zemi/%e4%bc%81%e7%94%bb/%e4%bc%81%e7%94%bb%e3%81%ae%e6%84%8f%e8%a6%8b%e3%81%a8%e3%81%8b%e5%8b%9f%e9%9b%86%e3%81%97%e3%81%a6%e3%82%8b%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8_i50

コメント

    やらかした…w アタマはサカナ等やわ さん: 2020-06-13 18:30:04

    テーマは「日常」じゃなくて「雨」です…
    え、コピペ使ってないですよ!?((自白

    通報 0

    アタマ氏… ふみづき さん: 2020-06-13 19:31:54

    ミスが可愛すぎるから許す!((何様))

    通報 0

    まんまる さん: 2020-06-14 10:48:33

    思いつかないんだよな

    通報 0

    よく分からんけど 迷探偵じーゆん さん: 2020-06-14 12:40:23

    昨日の雨 傘を差しても 足濡れる
    念のサンダル びっちょびちょ


    こんなんで良いのか?
    (まだ仕組みを理解できてない←)

    通報 0

      ❰ 雨 ❱   ▷ めーぷる = れっどうぃんぐ ◁ さん: 2020-06-15 10:42:43

       
         
          
           
        
       
        
                
     ────晴れろ。



     雨は冷たいし、痛いし、煩いし、濡れると気持ち悪いし、
    嫌いだ。大嫌いだ。
     それに、雨は。

     一瞬視界が白く弾けた。
    数秒後、空が吠える。ごろごろと、まるで威嚇。
     怒らないでよ。
    音は大量の水に打たれて落っこちて、そのまま荒い波紋として
    水溜まりに消える。
     お願いだからもう止めて。
    痛い。雨は刃物だ。鋭い刃先がこちらを睨み付けて、
    真っ直ぐに降ってくる。

         穴が空くんだ。雨が降ると。

     凛とした声が何処か触れられない場所で響く。
    もう遅いんだ。今更その言葉の意味が分かったって。
     強い芯だって、水に溶けてしまう。
    融けて、そのまま消えてしまう。
     だからもう遅いんだ。
    君は、廻る水に木霊したまま、もう象を亡くして、
     忘れていいよと、早く忘れてと、怒るんだ。

     雨は嫌いだ。冷たいし、痛いし、煩いし、濡れると気持ち悪いし
    嫌いだ。大嫌いだ。

     それに、雨は。

    君がいるから、大嫌いなんだ。

     息を吸う。
    君を視れない世界で、私は、息を吸う。



         穴が空くんだ。雨が降ると。



    嗄れた声が、何処か象のある世界で響く。



         君の声が無数の雨水に籠っている。



    晴れろと願っては、まだ駄目だと、君が言う。
     忘れろと、雨が言う。



         だから雨の日は、心臓に穴が空くんだ。



    君が好きだと、曇天が泣く。
    穴の空いた心臓から抜け落ちた雨が、融けて往く。









               虹が、笑う。
     
       
      
     
       
     
     。 。 。 。 。 。 。 。 


    こっちも参加させていただきます!
    長いですかね…空白を乱用しすぎたかも…
    企画楽しいですありがとうございます!!

    通報 0

    集真藍 ふみづき さん: 2020-06-19 20:46:47

    「体育嫌すぎるんだけどw」
    「この時期に陸上…しかも長距離とか死んじゃうやん」
    「雨降らんかなぁ〜」

    クラスメイトたちと談笑しながら、昇降口へと向かう。
    長期休校によって授業が圧迫された今も、私たちはなんだかんだのんびりしていた。

    「てゆーかさ、千香は偏頭痛とか大丈夫なん?」
    「あー…確かに今日は何ともないかも」
    「いいなぁ……じゃあ、あとで余ってるロキソニンかイブプロフェンちょうだい」

    多分この会話は普通のJCの会話じゃないのだろうけど、それを気にしたこともなかった。
    私達のクラスは偏頭痛持ちが多い(担任含む)からだろうか。
    百均で買った薬のポーチ片手に、外に出る。
    雲の隙間から除く光が、眩しく照らした。

    「給食後の体育はアウトやろ…」
    「クラウチングスタートとかしよったら吐くやんなw」

    ふと花壇を横目にみると、紫陽花の残骸が残っていた。

    「それ、うっかり枯らしちゃったんだよね」
    近くにいた先生が苦笑いする。
    「…仕方ないですよ、西日の当たる場所じゃ難しいですし」
    「えっ、そうなん?」

    紫陽花に適した場所やなかったんか…と頭を掻く先生に苦笑いを返すと、逃げるようにその場を立ち去る。

    紫陽花を見ただけだったはずだ。
    なのに、あの子を思い出す時が、まだある。
    紫陽花が大好きで、紫陽花が有名な観光スポットにも行ったっけ。
    ───だから、終わりの場に選んだんだろうな。
    彼女が発見されたのは、雨降る紫陽花畑だった。

    ごめん、「忘れる」とか言ったけど、やっぱり無理だ。
    君の綺麗な死に顔が、今尚鮮明に浮かんでくる。

    「千香ーー!はよ行こうよ!!」

    私の目前を通り過ぎた風は、雨上がりのアスファルトの匂いを纏っていた。

    ───私に、逃げ道は選べない。

    「今行く!」

    抱えきれない想いを零しながらも、いつもの笑顔で、クラスメイトたちのもとへ駆け寄るしか出来なかった。

    ─────────────────
    (ふみづき作「臆病のまま紫陽花」より抜粋)

    先生……ガクアジサイだけは枯らすなとあれ程言ったのに…()
    どうでもいいんですが、紫陽花の語源が集真藍(あづさい)です。受け売りです。

    通報 0

    ログインしてコメントを書く

    関連する投稿