本サイトは、SHARE info(シェアインフォ)で作成された投稿型サイトです。
今すぐ、無料で、簡単に「投稿型サイト」が作成できます。

カミソリシュートの握り方

投稿:m.t  
通報 ウォッチ 0 35 0

球速もあり切れがよく変化量も大きいシュートを、マスメディアがカミソリシュートと呼ぶことがある。

この名前で呼ばれた投手としては秋山登、平松政次らがいるが、平松本人は普段からただのシュートであると述べている。ここでは平松元投手のカミソリシュートについて紹介しています。


カミソリシュートの握り方

これは平松元投手のシュートの握り方。指は縫い目にかけないで握る。

縫い目にかからないのであればどこでもいい。


カミソリシュートの投げ方

やや肩の開きを早くすることによって通常よりも早く体を開くことによりさらにシュート回転をかけていたらしい。両名ともリリースに際し捻りは加えておらず、シュートによる故障はなかったという。


カミソリシュートの投げ方2

カミソリシュートと同じような握りですが、縫い目にかからない直前の凹んでる位置に人差し指中指をおきます。親指は逆に変化するようなイメージの場所においておき、それぞれ3つの指の第一間接に力をいれ、はじくというイメージで投げます。そして右バッターから見てアウトコースないしは真ん中を狙うようにしてインコースにストレート同じようなスピードで、急に大きく変化するようになれば成功。




コメント

ログインすると表示されます。