反省会:32巻11号「進化するEUS」

投稿:編集部  
1 6 通報 ウォッチ

p安田一朗先生 co-p糸井隆夫先生,良沢昭銘先生,安田健治朗先生 coord藤田直孝先生

コメント

    安田一朗先生より 編集部 さん: 2020-12-08 17:34:05

    編集後記にも書かせていただきましたが、まずは素晴らしい序説を御執筆いただいた安田健治朗先生に深謝申し上げます。EUSの「進化」の歴史をご自身で創造、体験されたレジェンドの序説によって本号が非常に格調高いものになりました。
    構成といたしましては、まずは「診断的EUS」「治療的EUS」の進化と今後の展望について、北野雅之先生、松田浩二先生に総論を御執筆いただきましたが、いずれも進化の歴史と今後の展望について非常に分かりやすく御解説いただきました。各論につきましては、臨床研究段階のものも含めて現時点で行われているEUS関連手技が全て網羅できたと考えております。また、それぞれのテーマの執筆者も、第一人者、あるいはその施設の先生にお願いした結果、最新かつ詳細な情報が提供されています。やや専門的すぎてEUSをされない先生方にはとっつきにくい内容もあったかもしれませんが、EUSは現在ここまで進化しているということをお伝えする意味では、大きなインパクトになったと思われます。
    トピックスとしての「EUSとAI」、Noteとして取り上げた「膵癌早期診断におけるEUSの役割り」も大変興味をそそる内容であり、基本的な情報として「描出法の解説」を加えることによって初級者にも手に取ってもらえる内容になったのではないかと考えます。
    本誌ではこれまで計13回のEUS関連特集が組まれたと序説で述べられていますが、これまでの特集の焼き直しではなく、今なお進化を続けているEUSの最新情報から今後のさらなる展望までを盛り込むことができ、現時点における「EUSバイブル」として自信を持って推薦できる書籍となりました。貴重な御意見をいただきましたco-plannerの糸井先生、良沢先生、安田健治朗先生、coordinatorの藤田先生をはじめ、編集委員会の先生方に感謝申し上げます。

    通報

    関連する投稿