SHARE infoのセキュリティ対策について

  • 侵入検知・改竄検知などの侵入防止対策を実施しています
  • データ伝送は暗号化を実施しています。なお、SSL暗号については、SSL3.0に脆弱性があることを踏まえ、それを無効化し、TLSを利用しています
  • データ保管場所は日本国内のみです
  • 定期的なデータのバックアップとリカバリテストを行っています(復旧は別途承ります)
  • セキュアな環境構築 のため、下記を実施しています
    ルータ/ファイアウォール等でポートフィルタリングを設定
    不要なデーモン/サービスエージェントの排除
    Webアプリケーションプログラムの脆弱性の排除
    未使用または不要なCGIプログラムの削除
    不要なファイル共有設定の禁止
    定期的なウィルススキャンの実施
  • 利用するソフトウェアは可能な限り最新版を利用
    セキュリティに関連したソフトウェアの修正(パッチ等)の最新版を可能な限り適用

専用サーバープランの場合

VPSの仮想専用サーバーで他の利用者の環境と分離しています。