ユーザー投稿型サイトとは

SHARE infoで運営できる「ユーザー投稿型サイト」とは、インターネット上の掲示板のようなものです。「ユーザー参加型サイト」「クラシファイドサイト」「マッチングサイト」「掲示板サイト」「シェアリングエコノミー型サイト」「CGM」など、様々な呼び名があります。

普通のホームページと異なり、ユーザー投稿型のサイトは”サイトを見る人(=ユーザー)”が情報を掲載するための特別な機能が必要です。

公開するサイト側

  1. ユーザー登録機能(新規登録)
    登録しなくても投稿可能にもできますが、ユーザー登録しておくと、後からログインして投稿の編集が可能になります。
  2. マイページ(ログイン)
    登録ユーザーがサイトにログインすると、マイページ(登録情報)が編集できたり、過去の投稿を確認したり編集したりできます。
  3. ユーザーが投稿する機能(投稿フォーム)
    サイトを使う側が簡単に記事を載せられるような掲載用フォームがついています。
  4. 投稿者への問合せフォーム
    サイトに掲載されている情報を見た人が、投稿者に直接連絡を取るためのお問い合わせフォームがついています。非表示にもできます。
  5. コメント機能
    投稿を見た別のユーザーがコメントをつけることで、ユーザー同士がディスカッションをしたり交流したりできます。
  6. 投稿の分類分け表示、検索
    投稿をカテゴリーに分けて表示できます。
  7. 投稿の検索
    キーワードやカテゴリーで目当ての情報を検索できます。

サイトを運営者が使う管理画面では…

  1. ユーザー管理
    サイトの管理者が、ユーザーの登録を承認したり、ユーザーを追加・編集・削除したりできます。
  2. 投稿管理
    サイトの管理者が投稿を承認(サイト上に公開)したり、管理画面から投稿を追加・編集・削除したりできます。
  3. スパム対策機能
    多数のユーザーが参加するサイトになる場合がほとんどなので、スパム投稿を繰り返すユーザー等を管理者がブロック(ログイン、投稿を不可に)する機能があります。

SHARE infoで作る投稿型サイトのイメージ

1.ユーザーが情報を載せます

普通のホームページは、運営者がコンテンツ(価値ある情報)をサイト上に載せます。ユーザー投稿型サイトでは、ユーザーがコンテンツを載せます。運営者は、そのための場を提供し、ルール作りをしてサイトを管理運営するのが役割です。

ユーザーは、利用登録し、ログインしてサイトの機能を使えるようになります。マイページ上で過去の自分の投稿を確認したり、登録情報を変更したりもできます。

登録ユーザーが使えるサイトの機能の範囲は、管理者が設定できます。例えば「投稿は登録しなくてもできるが、コメントは登録した人しかできない」とか、「ログインしないと記事を閲覧できない」…といったように、設定が変更できます。

2.投稿された記事は、カテゴリー分けされて表示されます。

3.キーワードやカテゴリーで検索できます。

4.投稿にはコメントもつけられます。

5.さらに、情報を見た人が、掲載した人に直接連絡できます

マッチングの機能です。各投稿に問い合わせフォームが付いているので、サイト上にメールメールアドレスを公開しなくても連絡を受け取れます。

SHARE infoで作る投稿型サイトのイメージ

  1. 各種設定変更
    サイトの管理者は、ユーザーの権限(サイト内で利用できる機能)を設定したり、外観(画像、ボタンの色、語句など)を変更したりして、意図に合ったサイトに変更できます。

SHARE info新規登録はこちら

SHARE info Biz(法人向けプラン )はこちら