たったひとつの冴えた小説の書き方

投稿:  
通報 ウォッチ

好きなものに囲まれていたい、これは誰もが抱く想いではないだろうか?

そして可能ならば,その良さを誰かに伝えたい。



イラストに,動画編集に……

そんなこんなだからデスクトップも、文章も好きなものを並べすぎてグチャグチャになる。



『たったひとつの冴えた小説の書き方』などない!

こんな僕だから、一時期小説を書くよりも、人の小説の書き方に注目している時期があった。

二十人近くには聞いたと思う。

だが、誰ひとりとして同じやり方というのはなかった。


もちろん、大まかな同一要素はある。


今回は、文章の構成悩んでいる人の一助になれば……また新たな人と出会えれば……と執筆のプロセスを投稿することにした。


参考として、一般的とされる執筆プロセスと比較しながらみていきたい。



【 一般的 】

❶アイデア探し

❷プロット

❸執筆

❹改稿




【 僕の場合 】

❶アイデア探し

ここに大きな差はない。

強いて言えば、音楽やイラストからインスピレーションを得ることが多いことぐらいだろうか。



❷プロット

僕はこのプロットから執筆に至るまでの温度差、変更度合いが大きい。

せっかくプロットを立てても、本文で思い切り違う方向に舵を切ってしまうのだ。


そこで僕がやったのは、物語の“主題歌”を決めるということ。


これは後に続く本文執筆の際にも、常に流すようにしている。



❸執筆

主題歌を決めたときの想い(この物語を通じて何を伝えたいか)を想い出しながら書く。



❹改稿

知人などに文章を見てもらいつつ直す。

筆が止まってしまった時は、別の方面(僕は動画編集やイラストも描くので、そういった面)から物語を見直すことになる。



ひとまずはこのような感じか。ひとつの方法として、試していただければ幸いだ。ついでにオススメの曲も布教したい……笑




この投稿のBGMは乃木坂46より『ジコチューで行こう!』。今この瞬間、文章と向き合える喜びを抱いて。

コメント

    まだありません。

    ログインしてコメントを書く

    関連する投稿