キャラ設定、どこまで決めればいい?

投稿:  
通報 ウォッチ

最近はこちらのブログさん(?)の全ジャンルに記事? 自分の意見? を書くことにハマっています、夢は海賊○です。類です。


とまぁ、どうでもいい(?)趣味・こだわりから、最終目標まで……キャラクターには決めるべき点が数多くあります。


けれども、皆さん、一度は思ったことでしょう。

どこまで決めたらいいの? と……。




聞いてきました!

いや〜キャラ設定って考える人はほんと,そこまで決める!?ってぐらい考えるし,考えない人はてんで考えないし,なかなか参考にならないですよね〜


そこで,リアルにおいても,ヴァーチャルにおいても,作家仲間が多い(自分で言う?)僕が聞いて回ってきました!



❶長期的目的

先の例で言えば、海賊○とかですね。

主人公にだけでなく、敵キャラにも目標を決めておいてあげると、深みが出ます。

そして何より、物語としてわかりやすい!


小説家になろうが顕著ですが、どの作品もタイトルでおおよそ、『誰が何をする話』なのかがわかるようになっています。


これにはやはり、長期的目標がしっかりと定まってないとですよね。




❷短期的目標

これは長期的目標を達成する上で、途中何をすればいいか、ですね。

続けて海賊を例にすると、まずは仲間を集める……とかでしょうか。


「それってプロットを立てる時の作業じゃない?」と思われるかもしれませんが、僕の経験上最低ひとつは決めておくことをオススメしておきます。




❸性格

当たり前かもしれませんが、こちらも必須ですよね。

でも、性格も細かく決めれば、どこまでも決められてしまうのが悩みどころ……


多くの人はシンプルに、一言でまとめている方が多い様子でした。

さらに一歩踏み込むと、ある感情を基準にしているようで……

これにはなるほどと思ったので、新しい項目をたてて説明したいと思います!




❹嫌いなもの

ズバリ、『嫌いなもの』を決めます!

好きの反対は無関心……とはよく言いますが、嫌いの反対は好きになるでしょうし、単純に広がりがあると思いませんか?


ラブコメも、「こんな奴絶対好きになるわけない!」という『嫌い』から『好き』になっていくのは王道パターンですよね。


『嫌い』は嫌いになる過程,嫌いのバリエーションが豊富とも言えます。


ぜひ、小説にも用いてみてください!

当然、使いすぎるとくどくなるので、好きと嫌い、飴と鞭の要領でバランスよく使いましょう!




まとめ

とか語ってきましたが、作家って変な人が多……げふんげふんなので……


結局のところ、『書いている最中に迷わない』ようにポイントを押さえておけば大丈夫です。

長期的目標を考えずとも、勢いで話を進めることはできますが、あるに越したことはありませんし……伏線とか貼りやすいですしね。


あとは、書いていて萌える! もとい,燃える! 要素を決めておくとかでしょうか。

やっぱり、キャラクターが好きじゃ無いと、筆も進みませんからね。


(MY FIRST STORY より『Missing You』を聴きながら)

コメント

    まだありません。

    ログインしてコメントを書く