引越し時の敷金交渉アドバイザー

投稿:ideashare 
0 77 通報 ウォッチ
新生活等で引っ越しの時期です。

引越し時に敷金の交渉をします。国交省のガイドラインを提示していき、交渉します。

実際に何人か人の話では、若い女性等だとなかなか拉致があかないということもあるようで(要は舐められるんですよね)
男性や不動産に詳しい女性がちゃんと主張することで敷金の適切なお金は戻って来るようです。

そういった敷金交渉やアドバイザーとして立ち会うことを仕事とします。
敷金は家賃数カ月分が最大として、その家賃が6万だとしても、2ヶ月分で12万。
当然ハウスクリーニング等など避けがたいものがあれば仕方がないですが、
数万程度は戻ってきそうです。

例えば立会から交渉まで1回5000円から1万円として、それを月に3回から6回。
立会と交渉を分けてもいいかもしれませんし、その後にご飯でもごちそうしてもらうとか、
やるといけるかもしれません。

月に3回も交渉をするとセミプロな感じがしますが、春前とか、秋前などの季節シーズンを狙って
特定時期だけ動くのがいいかもしれません。


コメント

ログインすると表示されます。