キャラクターの年齢を決めるときの注意点――環境によって人は変わる

投稿:静原認  
通報 ウォッチ

みなさんは、ご自身が中学3年生のころ、

どのような人間であっただろうか。

 

私の場合は、正直に言えば、

まだ自分の考えをもたず、表に出さず、大人の言うことに従うだけ。

そんな印象を持っている。

 

家のことは親に任せきりで甘えん坊。

勉強はよくしていたが、進路はしっかりと定まらず、なんとなくで自分に合った志望校を受験した。

 

そんな自立していない15歳だったからだろうか。

私はあるファンタジー小説を書く時にある失敗をした記憶がある。

 

 

ファンタジー世界では、15歳の子供はすでに働いている場合が多い

 

私が書いたあるファンタジーの物語は、

傭兵である主人公と、育ての親を失ったばかりの14~15歳のヒロインとの出会いから始まる。

 

主人公はヒロインが生きていけるように、あれこれと手を貸す。

 

そして、物語の中盤で、孤児院に送るという決断をする。

 

しかしこの展開、あまり読者うけはしないだろう。

 

なぜなら、題名にも書いたが、

ファンタジー世界の子供の多くは、すでに十代半ばで働くからだ。

 

端的に言えば、読者から

「孤児院にはいるなんて甘ったれたことをせずにちゃんと働け」

と思われてしまうわけである。

 

だから、私はこの物語で、ヒロインの年齢をもっと下げるべきだったのだ。

(もっとも、直そうと思った時には、いろいろなしがらみ、ご都合主義が発生してしまい難しかったのだが)

 

ファンタジー世界を書く時には、その類の人間が世間からどういうふうに見られているか。

常識からきっちり勉強する必要がある。

 

 

日本におけるものがたりで、大人びすぎた子供を書くのは危険

 

ファンタジー世界の子供は大人びている。

 

逆に言えば、日本の世界の子供は、のびのびと生きているということになる。

 

だから15歳の時点で自立しているキャラを書くなら、それなりの理由が必要になるし、

さらに10歳くらいで、とても大人っぽいキャラを書くなら、さらなる理由が必要になる。

 

言っておきたいのは、

「日本の子供の方が劣っている」

というわけでは決してないことだ。

 

日本の子供は、日本という環境の中で、

現代におけるさまざまな問題に直面している。

子供ながらに必死で頭を悩ませているだろう。

 

現代にしろ、ファンタジーにしろ、

物語の登場人物は、その世界の中で困難に遭い、必死で生きている。

 

そういう様をしっかりと描写できれば、

きっと小説は面白くなる。

コメント

    まだありません。

    ログインしてコメントを書く

    関連する投稿